映画『心と体と』

映画『心と体と』


減点するところが見当たらないんですが。。

冒頭とラスト手前にビックリ描写があるんですが、それも毎日あるところで、または日常的にどこかでは行われていることですし。

特に冒頭のは本当に心がガンガン揺さぶられるのですが、その後の何気ない生活描写や森の中の映像にものすごく深い意味を感じるようになります。

『心と体と』👉http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1998

物語としてはオーソドックスなラブコメの作りです。
この2人のやり取りは誰もが共感するし、至る所で笑えると思います。

ハンガリー映画ですが、淡々としたギャグが日本人でも普通に通用するので、笑うところでは笑ってビックリするところではビックリして泣けるところで泣ける映画だと思います。


***

映像が常に素晴らしくキレイなのですが、特に鹿パート。
所々で挿入される森の二頭の鹿の映像がまぁ美しい。

かなりの接写で撮っていて、呼吸によって肺が広がってそんで背中が盛り上がってそれによって腰のあたりの筋肉もちょっと動いて、もちろんそれにつられて毛も動いて…っていうひとつひとつが美しい映像で見せられる。

「生きてるって動くってことなんだな」とものすごく単純なことを説得力ある映像、というか鹿という〝命〟を見せられて強く感じる。

オス鹿がメス鹿がモーションかけてフラれた時のオス鹿の目が、完全に告白してフラれた男子の目になっていて可笑しい。

***

目の描写にインパクトがあって、野生の鹿との対比として食品加工会社にいる牛の目。
この牛が空を見上げる目。。。勘弁してください。。と思う。。

***


水の中で氷がカラカラとぶつかる音を使った音楽も素敵。寒々しいんだけどどこか滑稽だし生活感もある。
自然の音なんだけど、生活の中でもよく聞く音でもあって、これはこの映画のテーマに沿うものだと思う。


***



会話や仕草のひとつひとつが丁寧で、意味があって見ていてほんと感心します。

モテ男が主人公の女性を口説いているシーンで、サッと通り過ぎるモブの女性がそれを見て「は〜ぁ」とため息を着く仕草をしてたり。
これだけで、このモテ男が普段から誰彼構わず声かけてるのがわかるしそれが周囲からは疎まれていることもわかる。

主人公の女性がCDショップで視聴するシーン、あれもなくてもいいけどあれがあることで女性の特性がより強調されるし、店員さんの対応にもグッと来るし、最終的に選ばれた歌も力が増す。


***


自信をなくておそらくスランプに陥ったのであろう分析医さんや、昔モテモテだったっぽい掃除婦のおばあさん。
主人公の男性のこと好きだったっぽい女性同僚や。
〝本当の犯人〟が最後に明かされることによってモテ男が結構繊細な男だったことがわかったり。

登場人物は少ないけど、みんな多面的で面白い。


***

そして、こういう上品で面白い周囲に囲まれながら進行していく主人公2人のラブストーリーは驚くほどにオーソドックス。

老齢に差し掛かり生きる希望もない男性と心にちょっと事情があり対人関係が苦手な女性の恋。
この2人が同じ夢を見ているというのは考えてみればだいぶメルヘンなのですが、
映像のすごさとか人物描写の的確さから言って全然違和感なく受け入れてました。

その夢の描写がまた凄いしね。。


****


この映画で得られるメッセージはたくさんあって、一体どれを受け取ればいいのだ!と悩むかもしれませんが、ご自分が感じたことそのままでいいんだと思います。

人間は考えすぎ。たまには動物のように一瞬一瞬を生きてもいいのかも。



****


マリーアを演じる女優さんも常人ならざる感じで素敵なんですが、エンドレを演じる俳優さんが凄い。

当然ハンガリーの名優なのかと思って観ていたら、演技経験のない「翻訳家、編集者」の方だそう。
表情の細やかさとか存在感とか風格とか、演技経験なくてこんなことできちゃうの??驚き。。


『心と体と』👉http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1998






フロリダプロジェクト 真夏の魔法

フロリダプロジェクト 真夏の魔法

6歳のムーニーとその母親は貧しく定住する家を失い、犯罪歴もあるため公営住宅にも入ることができず、フロリダのディズニーワールドのそばにある観光客向けの安モーテルで、一週間ずつの家賃ギリギリ払いながら生活している。

ディズニーワールドは見えているし、音も聞こえるし、花火も見えるし、金持ちたちが遊覧するヘリコプターの轟音も1日になんども聞こえて来る。
しかし彼女たちは決してディズニーワールドに入ることはできない。

でも、幼いムーニーにとってはそれがデフォルトだし、冒険に満ちた楽しい毎日を送っていて観光客向けのカラフルな街並み自体が彼女にとってはキラキラしたアトラクションのよう。

ムーニーたち子供目線で映画は進むので、まるで一見楽しい楽しい映画のようにも見える。
が、子供目線を外れたところでは、抜け出せない貧困の恐ろしさが描かれている。

『フロリダ・プロジェクト』オトナ視線👉http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2000 

『フロリダ・プロジェクト』コドモ視線👉http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1999




*****

同監督の前作『タンジェリン』も彩度が強い強烈な色彩だったけど、今回も色がとても綺麗。
しかもこれには意味があって、表面的な夢の国の恐ろしさを表現してますね。
実際の街並みのカラーリングはほとんどアホみたいで、、薄ら寒ささえ感じます。

***

ムーニーの母もモーテルの管理人(ウィレム・デフォー)もみんな子供たちにはとても優しくて温かい。
これで目に見える形で子供に対してキツイ大人が出て来たら流石に観てられないけど、みんな子供たちのちょっと行き過ぎてる遊びにも叱りながらも寛容だし、本当は社会の底辺にあるこの安モーテル暮らしも子供らに楽しく過ごしてもらえていることは大人たちにとっても癒しなのかもしれない。

***

同じくこのモーテルで暮らしているシングルマザーは他にもいて、彼女は近くの飲食店で店長を目指して働いている。
この生活から抜け出したい、息子を真っ当に育てたいという気持ちを持っている。

貧困で犯罪歴があったり、不法移民だったりする人がここに流れ着いて来るのだろう。
日本の貧困も深刻で、いつかは家族でネットカフェで暮らす事例も出て来るのかもしれない。。
一旦そうなってしまうと抜け出せないのが貧困の恐ろしいところ。

***

ムーニーの母も悪い人間なわけではないと思います。
長期的、広範囲的な思考が苦手な人なんだと思う。彼女自身まだ子供だし、こういう人いるし、僕だってそうじゃないとは言い切れない。
彼女はムーニーを守るために目先の家賃をニセの香水を売ったりして稼いでます。ムーニーに対しても優しくて楽しい毎日を提供できる人ではある。
こういう人を助け出す仕組みが必要ですよね。。

で、さすがに立ち行かなくなって、自分の尊厳を売ることを決断するわけですが、、その決断をするシーンが印象的。
普段は快楽主義の彼女が夕暮れに野原を見ながらタバコを吸っているバックショット。
彼女の視線の先には枯れた一本の木。細く枝分かれしたその木と向かい合った次の日、彼女はネットに自分の下着姿を登録します。
本当はそこまではしたくなかったけど、彼女にとっては苦渋の分岐点だったのでしょう。

***

ここの子供たちはものすごく言葉遣いが悪い。てことは親がこういう言葉遣いをする人たちであることを示してる。
新入りの男の子が来るとモーテルを案内して、「ここの人は足が悪い」とかひとつひとつ紹介して行く。つまり、かなり長い期間ここに住んでいることもわかる。
こういう何気ないところから、子供たちがとても辛い境遇にいるということがジワジワわかって来る。

ムーニーの「あの人そろそろ泣くよ。私、大人が泣く時わかるんだ」っていうセリフも本当にうまい。


***

ラストは、ディズニーワールド魔法の国だけあってマジカルですね。泣ける。。

大人はこれがどういうことだかわかるでしょう。
でも子供ならきっと映像に映っている通りに理解するでしょう。
大人と子供で感じていることが違う。つまりはこの映画のテーマをこのラストで、映像のみで表現しています。




『パシフィック・リム』ガッツリおさらいマンガ

4月13日に公開される『パシフィック・リム:アップライジング』。戦いの舞台が日本であることや、いまをときめく新田真剣佑の出演、そして『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で一躍若手スター俳優の一員となったジョン・ボイエガが主演ということで注目されています。
予告編を見るとどうやら、ジョン・ボイエガは前作で司令官を演じたイドリス・エルバの息子役っぽいですね。しかも菊地凛子も続投しますから、これはやっぱり前作『パシフィック・リム』を復習しておいたほうが良さそうです。
というわけで今回は『パシフィック・リム』をガッツリ復習するマンガを描きましたので、これを読んで続編への準備を整えてください!






映画キャラたちに学ぶ最強の花粉ブロックマスクTOP8

春は憂鬱な季節。そう花粉症! 目はかゆい……。鼻はズルズル……。集中力も下がるし勘弁してほしいですよね。
突然ですが今回は、映画のマスクキャラたちの花粉ブロック度ランキングを作ってみました! 彼らのマスクを身につければ、つらい花粉症を撃退できるかもしれませんよ。
各界から代表を一人選び、項目ごとに5点満点で評価してランキングを作成しました。花粉症対策マスクで一番重要なのはもちろん「防御性」。ですが、そのマスクを被って社会生活を送らなきゃいけないわけですから「社会性」も大切。次に「価格」。高すぎては入手できません。さらに「素材」。通気性や花粉の付きにくさも見過ごせません。
それでは、一体誰が1位なのでしょうか? ワクワクしてきましたねぇ! まずは第8位から!

四コマ映画『レディー・バード』

2018年第90回アカデミー賞作品賞・監督賞・主演女優賞候補作。  レディ・バード(2018年) 

94分だけどものすごい情報量!
テンポが良くてバンバン話が展開して行くし、各キャラクターとの関係も、それぞれのキャラ自体も1年という期間の中で変容していく。

で、このスピーディーさなのに観客が置いていかれないのは、母と娘を演じる主役2人の名演と、監督のコメディセンスのなせるわざ。

 ****

 同監督の前作『フランシス・ハ』も名前の話だったけど、今回も名前がテーマ。
 前作が「自分なんてこんな名前でいいや」っていう投げやり感がありましたが、今作はかなり名前というものにこだわってます。

****

 巣立ち、受験、うるさい母親、失業中の父親、優等生の彼氏、ちょっとダサい親友、イケてるグループ、初体験、養子の兄とその彼女……、などなど要素が多い映画ですが、

最大のポイントは「母と娘」でしょう。

 くっどくっどとチョー回りくどい嫌味なことを娘に言っちゃう母親を演じるローリー・メトカーフが素晴らしい。
この演技でいくつか助演賞とってますね。
そりゃそうさ、なんでオスカー候補にならなかったんだっつー話。
こういう母親像ってものすごく嫌いなので下手すると最悪になるとこだったけど、ローリーさんがこの母親に多面性を見せたので豊かな人間として映りました。

****

 主役のシアーシャ・ローナンが17歳に見えない問題には目を瞑りまして。。
(本人は撮影時22歳。老け顔なのね)

『ブルックリン』でのカリスマ性が記憶されていますが、こんなにコメディセンスのある人だとは。。 こちらも痛いキャラだけど、嫌悪感なくむしろ強い親近感で最後まで気持ちを寄せて見ていられます。