10月14日 トイストーリー3

観ましたよ。

東京近郊は今週くらいで終わりみたいですね。
お客さんも10人もいませんでした。

よかったですよ〜。
制作期間4年のうちの三分の二をストーリー作りに費やした!とのことですけど
やっぱそれだけのことはあるね。
うまくできてんもん。

個人的にはクマの最後が「そこまで?」と思いましたが、
あれはあれなりのメッセージがあるのでしょう。


僕は3D嫌いなんですけど
さすがピクサー!観やすかったです。

立体的にガバッと飛び出てくる、というよりは
奥行きを感じるような作りになってるので
まるでそこにいるような、おもちゃたちが実在するかのような感覚になります。
 

あと、人間の動きがリアルで不気味なほどでした。
ふとした細かい仕草が「まさに人間」。


ちょっと前までは「皮膚を汚す」ことで
人間的なリアルさを出そうとしてたから
妙に肌の汚くなっちゃってましたけど
それも少なくなってました。

「Mr.インクレディブル」のようなデフォルメされた人間が
アニメでの人間表現では正解だろうと思っていましたけど
今回のトイストーリー3の人間も素晴らしかったです。
でもちょっと不気味かな〜〜。


泣きそうになるシーンも多々ありましたけど
我慢しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿