12月17日

書くかどうか迷ったんですけど
書く意味はあるだろうと思ったので
書いてみます。



先月の下旬、黒いスーツに黒いネクタイをして新幹線に乗って
2歳下の親戚に最後の挨拶をしに行ってきました。


 母からの電話で
「事故でも病気でもない」と 聞いた時は絶句して二の句が告げず、
それ以降はずっと大きな鉛が腹の底に溜まっているような気分でいました。


おじさんおばさんがどれくらい辛いのだろうかと思うとやりきれなくて
僕自身一体何を思っていいのか、決着というか、落としどころが何一つなくて
楽しいものを観たり、楽しいことをしたりすると、よぎり、
琴線に触れてくるようなものを見聞きすると、涙が出て
たまに、ほんとうに分けがわからないのに涙が出て来て、びっくりしたりします。


以前から
年間3万人いるというのはニュースで知っていたし、
そうするとその周りの親族・友人など数十万人くらいの人たちが
重い闇を持ちながら毎日普通に暮らしているのかと思うと
なんて辛いことだろうか、と思っていましたが、
いざ自分が同じ立場に立つと、まあ、やりきれないですね。。。




***




今から6、7年前は今よりももっと世の中には閉塞感があって(僕が麻痺しているだけかもしれませんが)
「こんなに暗く世知辛い世の中に何か新しいモノを作り出すなら
“明るいもの”であるべきだ」
という考えが僕にはあって
それで、自分の中にはそんなになかった“明るいもの”をイラストにして
イラストレーターという仕事を始めました。


不思議なもので明るいものを描いていると
自分自身が前向きにポジティブになってきたんですけど、
同時に、この「明るい健全さ」は、闇を持って生きている人にとっては「うざい」ものかもしれないとも思い始めました。




明るく健全な生き方こそが正しくて幸福である、というメッセージは
そうではない人にとっては腹立たしく怒りさえ覚えるかも知れないし、
腹を立てる元気もない人はさらにどんよりするだけかも知れないです。

だから、
その心の闇に寄り添ってくれるようなモノの必要性もいまはものすごく感じています。

退廃的だったり、血が流れてたり、包帯巻かれてたり、
内臓がこぼれていたりするようなキャラクターが
この世に存在して、常に新しく作られることによって
 「こういうものが好きな自分」ってのを肯定して愛せるのでしょう。


 僕はキャラクターグッズというものに全く興味がないので
それを収集する気持ちがわからないのですが
「自分自身のある一部分を具現化して一般化して、自分を肯定するため」だと思っているのですが、どうでしょう。




***


つまり、
大げさだし、悲劇の主人公ぶっているようでイヤなんですが
もしかしたら僕自身が年間3万人の遠因になっているんじゃないかと思っています。
今回の件がなくても前々からこういう風には考えていました。

そうでなくても今回の件に関しては、もしかしたらを思うところがあるので
ちょっと辛いのですが。



***



僕自身、会社勤めをしていたとき、イジメっぽい感じで追いつめられて
窓から飛び降りようと思ったことがありましたが
友達に(結果的に)止めてもらえたから、いまこうして偶然生きているだけで、
ボーダーラインにいたことはあったし、

そのあとも鬱っぽい状態になって会社を辞めてますので
「心の闇」と言うことで言えば、僕も体験をしています。


だから、先月僕が最後の挨拶をした親戚の男の子と僕は何にも変わらない。
全くおんなじで、なにか少しのことで、僕はこうしているだけなんです。



***



今回の件に関してこれからどう思って生きて行けばいいのか、
 さすがにまだ何にもわかりませんが、

もし彼がたまに僕のところに来てくれて
僕が描いているイラストを楽しんで見てくれたり、
たまに大きな仕事をした時には自分のこととして喜んでくれるように
がんばりたいな〜と思っています。

6 件のコメント:

  1. 正直なんてコメントしたらいいのか、すぐに言葉をまとめる事は出来なかったんだけど・・・。
    「ちゃんと読んだよ。」って伝えたくてコメント残します。

    「特別なことじゃない」って、私にも分かります。
    辛くて死んじゃいたいって思ったこと、私も何度もあったから・・・。
    でも今は生きてて幸せだよ。
    そして私の周りにいるみんなが幸せであって欲しい。

    うまくコメント出来ずごめんなさい。

    でも私はふくちゃんのお仕事ぶりやイラストを見て元気を貰ってる人間なので、それだけは主張させてね。

    返信削除
  2. 書きにくいところにコメントありがとう〜。
    ちゃんと読んでくれたこと、とてもうれしいです。

    もうちょっとそういうところにも目を向けなきゃなあという自責の念で長々と書いてしまいました。

    返信削除
  3. 何か本当に少しのことで、自分は今こうしているんだというのは、私も常々感じています。
    心の闇というのに太刀打ちできずもがいていた時期もありました。またもがくこともあるかもしれない。そうでなくても、この毎日は色んな場面でほんと、紙一重だよね。そう思います。
    だからこそ大切にすべきこととか、色々あるんだと思うんだけど、そういうのグルグル考えながら迷ったり悩んだり妙にスッキリしたり眠れなかったり、これからもたぶん繰り返して行くのでしょうかね。
    うん。全然まとまらない!あはは。
    またみんなでご飯食べながら色々話そうー。
    あんまり考えすぎて体壊さぬようにね〜。

    返信削除
  4. コメントありがとう〜。
    まとまらないよね〜。まとめる必要もないんだと思いますよ。
    ただ「僕もそうだよ」と書いておくことだけで、もしかしたら「ほっ」とする人もいるかもしれないしね。

    またピザやパスタをたくふく食べにいきましょう。

    返信削除
  5. はじめまして。
    彼のおばさんから聞いて、このブログを拝見させて頂いています。

    生前、彼とは親しくさせて頂いていました。
    イラストレーターの親戚がいること、
    CDのジャケットを頼もうと思っていること、
    聞いていました。

    この様な形で連絡する日が来るなんて思ってもみませんでしたが…。
    イラストを拝見するのも初めてなのですが、
    彼が好きそうな可愛くてほのぼのしたイラストだなぁって感じました。



    何て言って良いのか、
    何から言ったら良いのか分からないんですけど…
    伝えたい何かを感じたので思わず書きこんでしまいました。

    私は医療関係の仕事をしています。
    死に携わる仕事は、とてもエネルギーのいることで
    年月を重ねても決して慣れることがないものです。
    そんな中、自己研鑽して学習を重ねてきたつもりです。
    そんな私を彼も応援してくれていたと思います。
    それなのに
    こんなに身近な人を救うことができなかったことが
    悔やまれて仕方ありません。

    今回の件は、未だに自分の中では不完全燃焼です。
    それでも、食べられない眠れない日々を考えると
    当初よりは落ち着きを取り戻してきました。


    彼が遺してくれた沢山のものを大切に、
    彼に恥じることがないように一生懸命生きることが
    今の私にできることだと思っています。

    フラッシュバックした時は我慢せずに
    泣くことにしています。
    忘れることはできないから、
    自分の感情に正直に生きることにしました。


    突然のコメントでごめんなさい。
    これからも可愛いイラストを描いて下さい。
    きっと、彼も見てくれていることと思います…。
    私も、遠くから応援しています。

    返信削除
  6. 律子さま
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    律子さんにこうしてコメント書いていただけたことで、日記にこのようなことを書いてよかったんだなと思えました。

    今も彼のことは毎日思い出していますが、同時に彼の周りにいる人たちが手と手をギュッと握り合っていることも実感として感じています。

    僕もCDジャケットのイラストを引き受けていれば…と悔やみ続けていますが、
    それも含めてずっと心に残しておこうと思っております。

    返信削除