1月28日 お前こそヘッラヘンマメーラ王となるヘッラヘンマメーラ

ライオンキングを観に行ってきましたよ。

2回目。


3年くらい前に観たので、もうキャストも違うんですが、
そうすると同じ役でも演じる人によってやっぱ違うキャラクターに見えるもんだな〜と思いました。

シンバは前よりナイーブで真面目で爽やかな感じ。
スカーは前くらいいやらしくて存在感ある方がよかったかな。
演出も前とは変わっているようで、ちょっとポップな印象。


それにしてもよかったですよ。
あんなことが出来たら人生楽しくてしょうがないんじゃないでしょうか。


メスライオンが泣くシーンは、
今回も目から紙テープをピューピューと飛ばす演出でした。
あんなことやっといて笑うなという方がおかしいですよ。

しかも泣き止むシーンでは逆ギレみたいな感じで
その紙テープを両手でブチッと引きちぎるわけですから
芸術的表現なのはわかりますけど、面白いんだから笑っていいでしょうよ。
大声で笑うのはどうかと思うけど。

泣いて笑って感動できましたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿