2月23日 なによりうれしい

近所の商店街にひなまつりの歌(題名:うれしいひな祭り)が
エンドレスで流れているのですが、
最後の最後の歌詞が
「なによりうれしいひなまつり」だったのビックリ。

 ひなまつりってなによりうれしいものなんですね。

まったくそんなつもりで生きてこなかったのでちょっとビックリしました。

今年のひなまつりはそういうつもりで迎えようと思います。

4 件のコメント:

  1. 『なによりうれしい』のは女の子だけですよ、きっと!
    可愛い着物を着られて、みんなに褒められて、ご馳走が食べられて☆

    返信削除
  2. ●もこさん
    ごちそう食べられるんだ〜。そりゃうれしいねえ。

    返信削除
  3.  昔は乳幼児死亡率が高かったので、子供の成長を喜ぶ、という
    側面もあったのではないかと思います。

     とくに昔の女の子は、男尊女卑の社会のなかで口減らしなどにあってしまう
    こともあったようです。

     そんな女の子達の成長を嬉しく祝う唄。昔は女の子にとっては
    数少ないハレの日だったのでしょうね。

    返信削除
  4. ●さるくん
    今年のひなまつりはちょっと神妙な気持ちで迎えたいと思います。

    返信削除