3月31日 できることをしよう

できないことまでムリにしなくて大丈夫、って意味もありますね。

だから、
テレビとかネットとか見てダメージを受けてしまうなら
それは「できないこと」なんだから
ほんとにシャットアウトしちゃっていいと思いますよ。


だれも精神的に肉体的につらい人にまで「すべてを知れ」と言わないでしょう。


疲れたら
音楽きいて、まんが読んで、ともだちと会って、元気になりましょうよ。



このブログが目に入るひとはほとんどぼくの知り合いで、
ぼくの知り合いのなかに
「被災者とか言ってオレにイッサイカンケーねっし。ぴょぴょぴょ〜〜」って
思ってるひとがいないのは知ってますから。



できることしましょ。




ってことでぼくはこれから飲みにいきます。

3月31日 RT

強く優しく易しい安心のための文章。

怖い物の順番




みっちゃん。

FATHER






読むのにちょっと気力体力いるけど。

息子へ

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

差別を許容するコスト






義援金いつどこへ。(順番にゆっくりよんでくださいね)

個人が個人を救うための新公共ルートを。
ちょっと過激な意見です。
大至急!事実誤認について訂正!ごめんなさい。
これが、炎上ってやつ?なの?

3月30日 ターターターターターターターター…(永遠)

「双子の赤ちゃんがまるで会話をしているようだわ。ふふふ。」という動画のようです。


ひさしぶりに何のわだかまりもなくスッキリ笑えました。
「外国」と「赤ちゃん」ってのがポイントですかね。
あとなんとなく関西臭がするのところも……。

3月29日 お返事

コメントつけていただいた2人への返事として書きますが、
実はこれは消えてしまったもう1人のロングコメントへの返事として書いたものです。

(それを丁寧語に編集しました)




それと、28日の日記がなんか違う意味で捉えられてる可能性も感じたので追記の意味も含めて。
(別に何か嫌がらせを受けたわけじゃなくて、勝手に「もしかして…」と心配になっただけです)





****






伊集院●の言った

「〜笑いを与えるなんて思ってない、でも、しゃべらせて欲しい。くだらないことを言わせて欲しい。で、この俺のくだらない話を必要だって思ってくれる人がいると信じないと、その無力感でどうしようもなくなっちゃうんで〜」

って言葉もよくわかります。

どうしようもない無力感があります。


オレの存在がムダじゃないって思わせてくれ!って気持ちはほんとよくわかります。
それが原動力になっていろんな形での援助活動がみんなできてるんでしょう。
必要なパワーだと思います。




歌手とかタレントもそうだと思います。
いままで「元気と希望」をみんなに与えてるつもりだったけど
いまはきっとそれが思い上がりでしかなかったと傷ついているかもしれません。



「私の歌で元気になってください」なんてほんとはこんなバカなこと言いたくないんだと思うけど
それでも歌わざるをえないんだよね。期待されているし。歌う人だから。



伊集院●はしゃべる人で、●●●●は歌う人。
「こんなことが何の役にたつんだろう」と本人が思いながらも、
実はこの人たちの芸はきっと本当にみんなを元気にできる力があると思う。



僕は描く人ですけど、
正直、僕の描く力でみんなを元気にするなんてことは全くできないと思ってます。情けない。

望まれてもいないし、描きたいとも思ってないし、目的が達成されるとも思ってないんだから描いたりしませんよ、そりゃ。




しゃべらずにいられない、歌わずにいられない、描かずにいられない人たちの気持ちは素晴らしいと思います。
それが芸術家です。

そういう人の表現を見て、思いのこもったいい表現だな〜と思ってます。うらやましい気持ち1000%で。




ただ僕の技能で
「あなたはひとりじゃない」的な何かを描いてブログにアップしたところで完全に自己満足でしかなくて
それをやって少しでも気分がスッキリしてしまう自分が許せなかったんですよ。




先日救援物資を届けに行った帰り道も、ある種の達成感を感じてスッキリしてしまいました。
すこしでもスッキリしてしまった自分がもうイヤでイヤで。。




僕はもうちょっと自分自身の痛みを伴った救援活動をせずにいられなかったから
ちょっと後悔するくらいに義援金として振り込みました。

現地に飛ぶ勇気も気力も体力も能力もないですから。

3月28日 コメント消える

現在、このブログにいただいたコメントが
一度は承認されたのにしばらくすると消えちゃう不具合が起きています。

Bloggerではたまに起こる不具合だそうです。

なんの手だてもなく、ただ2〜3日経過すれば
消えたコメント復活するそうです。



コメントをいただく機会がそう多くないこのブログに対する
貴重なコメントが一時的に消えてしまう状況です。
すいません。。

僕が書いたコメント消えるので返事もできないのです。すみません。。

3月28日 救援物資

自治体・政府主導で救援物資を個人からも集めて
現地に送っていますが
届けられるのは大きな避難場所だったりして、
十分に物資が届いていない小さな避難所もたくさんあるそうです。

め組JAPANでは
そういう避難場所も丁寧に回ってニーズにあった物資を届けているそうです。

NHKやフジテレビで取り上げられていましたよ。


まだまだ物資が必要!とのことだったので
「何かをまた送りたい!」と思ったんですけど、

amazonとかでカップラーメンを何箱も注文して、
うちに届いて、それをトラック屋さんに送り直して、そして現地に届けてもらう……ってのも
正しいやり方なのかどうか……ちょっと疑問で。。



まとまった食料物資を持っていない俺にできることはやはりアレしかないんだな…
ってことで、
義援金を送りました。



安室奈美恵やSMAPや内田裕也ほどの金額はムリですが、
書籍1冊まるごとイラスト担当したときのギャラくらいを
「エイッ!」と振り込みました。

「エイッ!」というかけ声が必要でした。。


それとは別に、日本赤十字の方に毎月ツェーマンずつ引き落とされるような手続きをしております。






*****






芸能人はどこにいくら支払ったかが明らかになりますが、
一般市民はなかなかハードル高いですね。

むずかしい空気があります。


別に、金額の多い少ないで敏感になりすぎるのはやめて
「カップラーメン1箱」と「米5kg」の違いくらいで
もっとニュートラルに金額の話ができると
寄付活動がもっと自然になるのでは…とかねてから思っていたので
書いてみました(ぼかしたけど…)。







*****







「イラストの力でみんなに元気を!」という気持ちには僕個人としてはまったくなれなくて、
こういうときにもっと力強く誰かを支える力を発揮するためには
普段からそういう意識を持って、いつかのために力を蓄えておく必要があったんだな〜…と
反省と後悔をしております。。





*****





被災された方を応援する歌を持っている、
すでに多くの人が知っている歌になっている、
いつでも歌える技能がある。

だからいざというとき、被災された方々に歌を届けることができるんですね〜。。




kizuna311
もそうですが、
常日頃から広い視野を持っていていつでもスタートダッシュできる瞬発力とパワーが
あったからこそ人を照らす光になれるんですね。
もうほんとに思い知らされました。


め組JAPANの方々もそうです。
いつもいつも世界のことを考えたいたから、いざとなったとき正しい動きができるんですね。。


3月11日から救援活動を始めたんじゃなくて、実はずっとやってたんですよね。。



ほんとうに反省していますよ、僕は。




*****



ちなみに、内田裕也の名前が思い出せなくて
「シェケナベイベー」で検索したらすぐ出てきました。





3月25日 パーマネント野ばら

観ました。

小池栄子はインパクト強いですね〜。しかもそれでもイヤな感じがしないのがいいっす。

なんで菅野美穂はこの映画を選んだんだろう〜と思いながら観ていたら
最後の方で「なるほど、ポンッ!」。

エンディング曲の 「train」もいい曲。






****




「This is it」を観ました。途中まで。

途中で寝まして、そのまま返却しました。ポーッ!

3月24日 地震酔い その2

先日、地震酔いについて書きましたら
「地震酔い」という字列で検索してここに辿り着く方が増えているので
その解決法も書いといた方がいいかな、と思いまして。


僕はスッカリ治りました。地震酔い。

今朝の地震もバッチリ感知できたよ。



僕はとにかく寝ました。
犬のように寝ました。
暇があったらとにかく寝ました。

体と心の緊張をほぐすのが大事だと思うので、
もしもいっぱい寝る時間があるのなら寝たらいいと思います。
(すいません、、バカみたいな方法で……)

3月21日 エンタメ!

「キック・アス」観ましたよ。
グロテスクなアクションが多いのでちょっと注意は必要ですが、
面白かったです〜。

笑えるしスカッとするし泣けるかも。




****






「東京島」観ました。

小説が原作なんですね。おそらく小説版にはもっと迫力と勢いがあったんだと思いますが、
映画の方はコメディ要素が目立っていました。
きっともっと伝えたいことはあったんだろうなと思います。
面白かったです、多江様が。




****




渡辺ペコ先生が素晴らし過ぎます。



「にこたま」を数ヶ月前に読んで、
あまりのすばらしさにビックリして「漫画の中で一番好きだ!」と言い切りました。


その後、短編集の「ペコセトラ」も読みまして
デビュー作が入ってるんですけどデビュー作だとは信じられないくらいの奇跡の面白さ。
考えられない。こんな人がいるのか。奇跡の漫画だ。


んで、先日、「ラウンダバウト」をヴィレッジヴァンガードで買いまして(直後地震に遭うんですが…)、
読みましたらこれまた奇跡!
想像だにできない。なんでこんなのが描けるんだろうか。面白すぎる。
繊細すぎる。ピンポイントつきすぎる(しかも嫌味ゼロ)。


そんで、調子に乗って「東京膜」と「キナコタイフーン」も買いました。


「東京膜」は面白いけどちょっと荒さが。
「キナコタイフーン」がなんだか窮屈な箱に押し込まれてしまって手足をしばられてるような感じ。。

ちょっとひと息つきました。ふう。

3月20日 地震酔い

おとといあたりから地震酔いがひどいです。


町中でひとりグラッと来て
「また大きくて長い横揺れだ!」と思って警戒したのに
周りの人たちは一向に日常生活を続けたままでした。

常にめまい起こしてる感じ。


逆に、震度4とか起こってもわかんないんですよ。
「揺れてるよ、いますげえ揺れてるよ」とか言われても
「全然わかんない。全然わかんない」って感じで揺れてるのが全然わかんない。
いつも揺れてるから。


今日も、なんか玄関のドアがギシギシ言ってるな〜
風かな、風が強いからね〜
なんて思ったけど照明が揺れてるから
あ〜地震か〜と気づきました。

もはや恐怖感もないです。いつも揺れてるから。



どうやらこれは「地震酔い」と言われるもののようですね。



地震酔いの対処法はネットにいろいろ出てるので、それを見ようっと。

3月19日 音楽で支援(随時更新)

音楽を購入することで義援金を送ることができます。
こういう活動をしてくれているアーティストさんとスタッフさんたちにも感謝感謝感謝ですね。


いままで聴いたことがなかったジャンルの音楽を聴くチャンスでもありますね〜。



SONG FOR JAPAN


You & Me


ordinary days



Play for Japan


TOKUMARU SHUGO



Babui & U-zhaan



レコ直アーティストチャリティー


ジェットコースターラブ
(CD、デジタル配信の利益全額を東日本大震災の被災地への寄付金に)


Sick Team(Budamunk、ISSUGI、S.l.a.c.k.)
(こちらの収益は日本赤十字社を通じて東北地方太平洋沖地震救援活動へ募金される)



猪苗代ズ



城 南海
※東日本大地震でも活動中の「国境なき医師団」への寄付となります。

3月19日 原発

怖がらせた方が勝ち。

危険度の高い情報の方が正しい。

みたいな風潮がありますけど、原発に関して。



だからチェルノブイリとは違うって何度言えば分かるんだってばよ!原発についてまとめてみた


福島原発の放射能を理解する



うんち・おならで例える原発解説~「おなかがいたくなった原発くん」

3月17日 できることができた

個人からの救援物資を受け付けてくれるところがあるってことを
昨晩深夜知りました。

友達が紹介していたブログです。
http://ameblo.jp/tentsuku-man/archive2-201103.html#main



*****



望まれる救援物資はこちらです。

※時間の経過とともに望まれる救援物資は変わってきます。ご注意ください。



*****








僕は今日、ある運送会社さまのところまで救援物資を届けに電車行ってきました。
(わざわざ経堂から越谷まで直接行った理由はいずれ……。)



電話がなりっぱなしで対応に大変な中でしたが、
ほんとに快く物資を受け取ってくださって

「今日の夕方、4台のトラックで東北に向かいます」と丁寧に説明してくださいました。
「お知り合いの方にお知らせしてください」とも言われましたので、こういうブログに書いております。


倉庫にはこれからトラックに積まれる物資がたくさんありまして
各企業からと見られる同じデザインの段ボールがたくさんあり、
また個人の方が宅配で送られた段ボールもたくさんありました。



利益も出ずにただ経費がかかるだけですから、
各企業さんにはほんと感謝感謝感謝感謝ですね。




*****




救援物資の正しい送り方、については
社団法人 青年会議所こちらをご参照ください。

望まれている救援物資

以下は「社団法人 東京青年会議所」の救援物資受付のページを転載したものです。
(facebook登録してないと見れないページなので)



※どの物資集積場でも以下の全てを集めているわけではありません。
 (例)東京都では衣類・食料品は受け付けていません。




【食品】
 1 缶詰
 2 無洗米
 3 水
 4 袋入ラーメン
 5 おかし
 6 レトルト食品(温め不要や温めるのみで食べられるもの)
 ※水に関しては、ポリタンクも可
  ペットボトルであれば未開封かつ2L以上のものに限る。
 ※3カ月以上保存ができる食品のみとする。

 【医療品関係】
 1 カイロ
 2 アルコール消毒液(インフルエンザ対策などに使っているもの)、
 3 包帯などの常備薬(飲み薬は不可)

 【生活必需品】
 1 懐中電灯
 2 電池
 3 カセットコンロ及びカセットコンロ用ガス、
 4 サランラップ
 5 ブルーシート
 6 ラジオ
 7 長靴
 8 ヘルメット
 9 軍手
 10マスク
 11 雑巾

 【幼児・子供向け】
 1 おむつ(S.M.L,LL)
 2 粉ミルク(瓶.中・大)
 3 シャンプー(水不要)
 4 おしりふき
 5 生理用品、
 6 絵本(新品、図書館やBook-offなどの団体からの寄付のみ。家庭からの持ち込みは不可)

 【救出・瓦礫等への対応物資】
 1 バール
 2 スコップ
 3 鉄ハンマー
 4 金づち
 5 つるはし、
 6 バケツ
 7 ほうき
 8 ちりとり
 9 脚立
 10 ジャッキ
 11 工具セット
 12 一輪車
 13 ゴーグル
 14 土嚢(どのう)袋

 【受入不可のもの】
 1.古着
 2.使い古したもの
 3.賞味期限が短いもの
 4.カップラーメン

  ※注意事項
 1)支援物資は配送準備の手間を少しでも減らし、効率よく送るために、
   必ず種類ごとにまとめて箱詰めをお願いいたします。
  (例:袋入ラーメンの箱、おむつの箱)

 2)梱包された箱の側面と上部に大きく物資名を記入ください。

 3)社会的に配送システムが混乱していて宅急便などが
   届きづらい状況になっておりますので、集積場所へは極力自走で
   お持込み頂けますようお願いします。
   宅配を行う場合には必ず指定日時に必着できる荷物のみにしてください。
   指定日時以外は、現地には担当者は不在です。

 4)被災地届け先の指定は現在できかねます。

 5)物資を頂いた個人、企業の方の公表、礼状送付等は
   申し訳ございませんができかねますので予めご了承ください。

 6)雨天の可能性があるため、支援物資の防水加工をお願い致します。
   (箱をサランラップで巻くなど)

3月15日

普通に暮らそうにも暮らせない人もいて
怒りを治めようにも治められない人がいて
買い溜めしちゃいけないと思っていても買い溜めする人がいて
予定通りに停電が実施されなかったってことで怒っている人さえいるので、


なんとか普通に暮らせて、
なんとか怒りを治められて、
買い溜めを我慢できる人は積極的にそうした方がいいですね。



****



せっかく「日本人は感情を抑制できる」「世界が学ぶべき"和"の心」などと
賞賛を受けているのに、
民放は心配や怒りを煽ってばかり。

テレビの方法論は本当に古い。

3月14日

「真実を受け止めなければ」という優しく正義感の強い気持ちから
テレビの画面を見続けてしまう人が多いと思います。

でも僕自身テレビを観ていて、
東京も被災地とは言え、
普通に生活できている自分とテレビ映像との差が
全っっっっっっく整理できなくなって
心臓を両手で握られるような気持ちになってしまいます。


テレビ局によって過剰に演出され、乱暴に並べられ、無責任に編集されたショッキングな映像を見ていると
心が痛んでくるのは当然です。



情報を知ることは必要ですが、
ぼくらは元気でいなければなりません。

周りの人を助けられるパワーを持っていなければなりません。


 もしテレビを見すぎて疲れてしまったら
テレビを消しましょう。


被災地の方がこれを読んだら不快に思われるかと思います。


しかしぼくたちが被災地の方々を深く憂慮する気持ちは変わりません。

これからずっと長く復興の手助けをするためにも
その力の適切な使いどころを見極めるべきだと考えるのです。

3月12日

昨日はあたたかい布団で寝られることに
感謝もしつつ、ある種の罪悪感も感じたけれど、
いまは普通に生活をする義務を強く感じています。

被災地の邪魔をしないように
まずは、健康で事故も事件も起こさず普通に暮らすことに
専念することの勇気を持とう。

日本語変ですみません。

3月12日 無事です

地震当時は高円寺の商店街の雑貨屋におりました。

大きな揺れが起きて、店員さんがガラス商品が落ちないように手でかばい始めたので
ぼくも一緒にコップとかを手で押さえていたら
店員さんに「ありがとうございます」と言われて「いえいえ」なんてやっていたら
冗談じゃないくらいの揺れになって
「もう外でて下さい!」と店員さんが言いまして
慌てて外でました。

いろんな店から悲鳴が聞こえて人々がバーッと走って逃げていました。

走れない友達と一緒でしたらその友達をかばいながら
天井のアーケードが落ちてきませんようにと祈りながら歩いて
駅前広場まで逃げました。

街頭のランプシェードが落ちているのもありました。
壁面にヒビが入ったり、壁が落ちている家もありました。
ですが、揺れの大きさからするとそんなに大きな被害がでているような感じはありませんでした。

ただ、ゆっくりとした横揺れからかなりしばらくしてから縦揺れが来たことから
震源地は東京から離れた場所だと想像できたので
震源地から離れた場所でこれだけ揺れたってことは
遠い場所でどれほどの被害が起きているのかと心配でした。


そのあと公園に避難していたのですが、結構余震が続いて、
そのたび公園の周りの家が大きく歪み、「家ってこんなに曲がれるんだ」と驚きました。

大きな余震が少なくなってから
友達の家に寄り、テレビを見ました。
ちょうど津波が町に到達するヘリコプターからのライブ映像が流れていて
そこで今回の地震の恐ろしさを知りました。


実家が七里ケ浜で海に近く、大津波警報地域だったので
大変心配でしたが、神奈川には津波被害は少ないようで無事でした。


その後、高円寺から経堂まで歩いて帰りましたが
歩道には帰宅者で溢れていましたし、
車も渋滞していて運転手はみな焦っているようで
危険な場面が多かったように思いました。


****


節電は引き続きした方がいいですが、
過剰な節電は必要ないようですね。

情報収集のためや風邪ひかないようにとか、には無理せずに。



3月9日 つまりは体感せよ、と。

これが花粉症ってやつか、と実感しています。

家の中にいれば全然いいんでけど
ちょっと外出ると
まさに「流るること水のごとし」ですね。

目もちょっとかゆいし。




****



大御所イラストレーターさんが
「資料集めの際、ネットの画像検索を頼ってはなりませぬ」とおっしゃられてました。


痛い!

3月6日 人間の形をした苺

昨日のヒルトン東京「いちごデザートブッフェ」が
いまだ胃の中に。

消化にエネルギーを使いすぎていて
脳に血液が行っていない模様。

3月4日 瞳の奥の秘密

「瞳の奥の秘密」観ましたよ。
こりゃすごいですよ。終盤、目をひんむいて観ましたよ。すごい。



***



「川の底からこんにちわ」観ました。

"がんばらないでソング" が溢れている中で
「どうせ中の下なんだから頑張るしかないじゃないですか!」と メッセージは好き。
起死回生のしじみソングも好き。「バクーづめー」が好き。
でもそろそろ満島ひかりの穏やかバージョンを見せてくれないとこっちも疲れる。