3月12日 無事です

地震当時は高円寺の商店街の雑貨屋におりました。

大きな揺れが起きて、店員さんがガラス商品が落ちないように手でかばい始めたので
ぼくも一緒にコップとかを手で押さえていたら
店員さんに「ありがとうございます」と言われて「いえいえ」なんてやっていたら
冗談じゃないくらいの揺れになって
「もう外でて下さい!」と店員さんが言いまして
慌てて外でました。

いろんな店から悲鳴が聞こえて人々がバーッと走って逃げていました。

走れない友達と一緒でしたらその友達をかばいながら
天井のアーケードが落ちてきませんようにと祈りながら歩いて
駅前広場まで逃げました。

街頭のランプシェードが落ちているのもありました。
壁面にヒビが入ったり、壁が落ちている家もありました。
ですが、揺れの大きさからするとそんなに大きな被害がでているような感じはありませんでした。

ただ、ゆっくりとした横揺れからかなりしばらくしてから縦揺れが来たことから
震源地は東京から離れた場所だと想像できたので
震源地から離れた場所でこれだけ揺れたってことは
遠い場所でどれほどの被害が起きているのかと心配でした。


そのあと公園に避難していたのですが、結構余震が続いて、
そのたび公園の周りの家が大きく歪み、「家ってこんなに曲がれるんだ」と驚きました。

大きな余震が少なくなってから
友達の家に寄り、テレビを見ました。
ちょうど津波が町に到達するヘリコプターからのライブ映像が流れていて
そこで今回の地震の恐ろしさを知りました。


実家が七里ケ浜で海に近く、大津波警報地域だったので
大変心配でしたが、神奈川には津波被害は少ないようで無事でした。


その後、高円寺から経堂まで歩いて帰りましたが
歩道には帰宅者で溢れていましたし、
車も渋滞していて運転手はみな焦っているようで
危険な場面が多かったように思いました。


****


節電は引き続きした方がいいですが、
過剰な節電は必要ないようですね。

情報収集のためや風邪ひかないようにとか、には無理せずに。



0 件のコメント:

コメントを投稿