4月30日 お願い 3日目

一昨日のお願いの件です。



そんなに交流のなかった方や
まったく初めての方からイラストメッセージをいただいております。

ありがたいですねえ。



ぼくはただ経由地としての役割を果たしているだけですけど
みなさんの被災地へのメッセージを読むと
しみじみと元気がでてきます。



さて、
ぼくが「仙台ボランティアセンター」と言っている場所は
仙台市南部津波災害ボランティアセンター」と呼ぶのが正しかったです。
失礼いたしました。


こちらのボランティアセンターは
もともと仙台市の若林区区役所に隣接していて
被害のあった地域からだいぶ離れた場所にあったそうです。


それが先日、4月26日と27日に海側(ココ)に移転されて、
被害に遭われた方が電話ではなく、ボランティアセンターに直接足を運べるようになったとのことです。


ですから、ボランティアの方々はもちろん、
多くの被災された方々にも
チラッと
チラチラッと視界に入れてもらって
メッセージを受け取っていただけるかもしれませんので、ぜひ。




「ボランティアセンターッ!!!」とは言っても「小さなプレハブ小屋」だということです。

寒い日はとても寒いかもしれません。
暑い日はとても暑いかも知れません。
余震が来るとガタガタと音がして怖いかもしれません。

そういう場所で働いている人たちが
メッセージが届くのを待ってくれています。

お願いいたします。

4 件のコメント:

  1. こんにちは。初めまして。
    フクイのカレーの福井英史さんよりご紹介いただきました。小原泰明と申します。「おてライフ」というブログをやっております。

    今回、福井さんに教えていただき、フクイヒロシさんのブログ、webを拝見しました。「ぬりえ」を送る活動、とても素晴らしいと思います。私も、本当に微力ながら、被災地への支援を呼びかけている者です。

    いろんな立場、いろんな職業の人が、それぞれ自分のできる範囲で、自分のできることをやっていくというのは素晴らしいことで、こうしたブログやネットの関係も捨てたもんじゃないなぁ、と思っていたりします。

    私事、絵は描けませんが、叔母がグラフィックデザイナーをしていることもあり、小さいころから雑誌のデザイン、広告、イラストなんかにも興味があります。

    フクイさんの作品は、シンプルな線質の中にも、とても温かみがあって、ステキです。ヒャク・ジューノーもかわいいですね!

    またちょくちょく寄らせていただきます。

    返信削除
  2. 現地が見えなくてさ。言葉が出ないんだ。

    一生懸命考えたんだけどね。

    返信削除
  3. ●泰明@西光寺さん
    はじめまして。ありがとうございます。
    僕も福井さんからいろいろと紹介いただいて、「おてライフ」も読ませていただいておりました!
    ボランティアセンターにプリンタを届けられるんですね、すばらしいですね。

    今回のような大災害が起こった時にネットがなかったらどんなことになっていのかと思うと怖いでね。
    デメリットもありますけど、メリットの方が断然多いと思います。
    情報の広がりが早いですからね。個人が自由に情報集められるわけですからね。

    イラスト、お褒めいただきまして大変恐縮です。ありがとうございます!
    叔母さまがグラフィックデザイナーなんですね。子どもの頃から高尚なデザインに囲まれて育ったんでしょうか。うらやましい限りです。

    こちらこと「おてライフ」今度も読ませていただきますね。

    返信削除
  4. ●黒山羊さん
    想いがあるだけに…ってことですよね。それもよくわかります。

    いまたくさん僕のところにメッセージを集めてもらっていますが、短くてもなやんでなやんでしぼりだした言葉ってのはわかるものですね。

    それぞれの今できることをすればいいと思います。
    言葉に置き換えられた時にメッセージ送ってください。
    ひきつづき支援物資にメッセージを同封する活動はやっていくつもりですので。

    返信削除