12月30日 フクデミー賞 2011

今年観た映画は59本でした。去年より100本少ない。
新作旧作含めて。ほとんどDVDでしたが。

それでは、
自分が好きになった作品ランキングを発表したいと思いますよ。




*****






1.息もできない
2.英国王のスピーチ
3.ミッション 8ミニッツ
4.瞳の奥の秘密
5.ブラックスワン
6.奇跡
7.必死剣 鳥刺し
8.L.A.コンフィデンシャル
9.塔の上のラプンツェル
10.愛する人



「息も出来ない」を1月に観て、「最高です!」と思いましたけどそれを塗り替えることはできませんでしたね。
ごくごく個人的な内容が実は広く深い共感を呼ぶということの実証だな〜と思いました。

「英国王のスピーチ」はなにからなにまで全部いいです。映画においての「正解」って感じ。

「ミッション 8ミニッツ」。今年は大震災があって突然たくさんの方が亡くなられたっていうこともあって、どうしてもそういうことと絡めた映画の見方をしてしまうので、そういう意味で、ぼろぼろ泣きました。

「瞳の中の秘密」。かっこよかったです。タイトルに「秘密」って書いてあるとどんな秘密なんだろうと期待しちゃうわけですが、それを裏切らないビックリ秘密でした。

「ブラックスワン」。これはもう賛辞を贈らざるを得ない。血がそう言うのです。

「奇跡」。純粋に自分の願い事を大声で叫ぶ姿に泣けました。まえだまえだの演技もすんごいよかった。

「必死剣 鳥刺し」。これもかっこいいんですよ。女優陣がもっとよかったら…と思うんですが、殺陣もかっこいいし、「鳥刺し」にも度肝抜かれます。

「L.A.コンフィデンシャル」。ひさしぶりに観ましたがやっぱよかったです。

「塔の上のラプンツェル」。ディズニー映画ってどうしても「教訓話」にしなきゃいけないようなので、「何が悪で何が善なのか」の表現が間違ってはいけないわけです。間違っちゃうとすごく批判されるわけです。実際ディズニー映画はよく批判されてます。善と悪は地域や時代によっても変わりますからね。だから、ディズニー映画を観ると今の時代が透けて見える気がします。そういう意味でも面白いし、ただ単に痛快だったり、馬が面白かったり、絵もとにかくすばらしかった。こりゃあジブリもかなわねえよと思いました。






*****







11位以下は下記の通りです。


パッチギ!
キッズ・オールライト
フローズンリバー
孤高のメス
キック・アス
神々と男たち
クロッシング( BROOKLYN'S FINEST )
ヤコブへの手紙
ソーシャルネットワーク
潜水服は蝶の夢を見る
リトルダンサー
モリー先生との火曜日
藍色夏恋
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
デューデート
ヒックとドラゴン
デブラ・ウィンガーを探して
プレシャス
パーマネント野ばら
奇跡の海
オーケストラ!
川の底からこんにちわ
髪結いの亭主
コピーキャット
バーレスク
40歳の童貞男
がんばれ!リアム
ロビンフッド(2010)
ディア・ドクター
やさしい嘘
イン・ハー・シューズ
トゥルー・グリット
ミリオンダラーベイビー
東京島
ノーウェアボーイ 
僕の大切な人と、そのクソガキ
脇役物語
しあわせの雨傘
ノエル
サンキュー・スモーキング
終わりで始まりの4日間
ローラーガールズ・ダイアリー
フォロウィング
ヘブン
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
脳内ニューヨーク
さまよう刃
天国の口、終りの楽園。
パンズ・ラビリンス







*****






続きまして、個人賞です。



今年はあんまりちゃんと映画と向き合ってこなかったので
個人にまでそんなに目が行きませんでしたから
個人賞はちょっと雑な感じでいきます。


ザッと思い返してみて、印象に残っている人をあげていきます。
しかも主演助演もごちゃまぜにします。




【男優賞】
★ヤン・イクチュン(息もできない)
まえだまえだ(奇跡)
コリン・ファース(英国王のスピーチ)
豊川悦司(必死剣 鳥刺し)
ジェフリー・ラッシュ(英国王のスピーチ)
オリヴィエ・ラブルダン(神々と男たち)
ジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャルネットワーク)
ジョン・C・ライリー(僕の大切な人と、そのクソガキ )

最優秀賞はヤン・イクチュンに捧げたいと思います。
普段はコメディーに多く出演している方のようですが、なるほどだから顔が優しく明るい感じなんですね。
だからこそ、悲しい感じが強まったかと思います。

オリヴィエ・ラブルダンも、映画としては集団演技なんですけど、この人の野性性が映画のフックになったし、この演技によって映画の輪郭もくっきりしたんじゃないかと思います。





【女優賞】
ナタリー・ポートマン(ブラックスワン)
クロエ・グレース・モレッツ(キック・アス)
ヴェラ・ファーミガ(ミッション 8ミニッツ)
ミラ・キュニス(ブラックスワン)
アネット・ベニング(キッズ・オールライト)
メリッサ・レオ(フローズンリバー)



最優秀賞はナタリー・ポートマンに捧げざるを得ないのですが、
2つ最優秀賞があるならばミラ・キュニスにも受け取っていただきたい。
ミラ・キュニスがぐらついたら成立しない映画でした。




****








今年は映画だけでなく、海外ドラマにもちょっとはまっていました。

ダメージ、グリー、グッドワイフなど観ていましたよ。

12月27日 これだから素人は!


これだから素人は!


ソフトバンク電波改善宣言も3年やらせていただきました。
さて、来年以降どうなるでしょうか。
ドキドキ。




****






「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」観ました。


すっげえ駄作っぽいタイトルですけど、面白かったですよ。
たしか2時間半あるんですけどね。

わ〜っと観れました。
グロいとことかあるんですけど、ミステリー自体も面白いし。
犯人の憎々しい感じとかいいっす。

大ヒット映画的なマイルド感があまりなくて、やり切ってる感じがかっこいいっす。

12月25日 ご協力ありがとうございました!

ホッカイロの件ですが、
複数の方からののあたたかいご協力をいただき、
合計14,000円にもなりました。

本当にありがとうございます!
だいたいみなさん「少額で申し訳ありませんが…」という枕詞をつけてのお振込なんですが、ちょっといい服だったらちょっといいランチを我慢しなきゃいけない金額な訳ですから、少額だとは思いませんよ。

募金箱に入れるにはかなりの勇気のいる金額ですから、
ありがたいなと本気で思っています。ありがとうございます。


予定通り、僕の分を併せまして20,000円分のホッカイロを
随時、Rerootsさんのところへお送りいたします。


今年の冬はなんだか東京もチョー寒いですからね。
東北の雪まじりの寒風吹きすさぶ屋外で、ボランティアされている方を少しでも応援するようなモノになって欲しいなと思います。


実はさっそくお送りしたものが届いたとのことです。

まずは10箱(300ホッカイロ)お送りしました。

12月20日 大人力

先日、友達の結婚式に出席しまして、
披露宴で「ホントにガチ」で各テーブルごとに1人が新郎新婦から突然指名を受けてスピーチするという罰ゲーム、挨拶コーナーが始まりました。


「我こそはという方は挙手を!」という美人司会者の声に合わせて
隣の席の友達の腕をつかんで挙手させようとしたりして遊んでいたんですが、
(すっごい力で拒まれた…)

もしかしたら自分が指名されるかもしれないという恐怖がやってきて
頭を回転させて、新婦のいいエピソードをひねりだそうと思うんですけど
むしろ新婦の人格をおとしめるようなエピソードしか出てこない……。


やばいやばいと思っていましたら
結局新婦は僕のテーブルでは他の方を指名して、
その方は、突然の指名に驚きながらも完璧なるスピーチをしていました。

他のテーブルでも指名された方はびっくりするくらいにスピーチがうまかったです。

実は事前に打ち合わせがあった、という感じはほんとに全然ないのに、
「大人ってすげえな…」と思いましたよ。。


そういえば、
自分がもしも高砂席に座っていてスピーチする人を指名しなきゃいけないとしたらそりゃあ自分を指名するわけねえよと思いました。




緊張してた自分が恥ずかしかったです、というエピソード。

12月19日 やかん

ひきつづきこちらのご協力いただける方、なにとぞよろしくお願いいたしますね。





****





先日、Rerrotsさんにお送りしたやかんが届いたそうです。
お礼のメールをいただきました。

いままでポットがひとつしかなくてすぐにお湯がなくなってたけど、
これであたたかい飲みのもがみんなに行き渡ります。
ボランティア活動から帰って来たところにあたたかい飲み物をお出しできます。

とのことです。

どんな状況でみなさんが活動されているのかを
こうして教えてもらえるのはありがたいですね。

12月17日 タイムカプセル様

コチラご協力いただける方、なにとぞよろしくお願いいたしますっ!!!!!!!!




*****




先日、iMacがクラッシュしまして、
修理するしかないけど修理する時間的余裕がなくて
新しいiMacをなくなく買っちゃいましたという話は先日書きました。



ほんとにタイムカプセル様は素晴らしくていらしゃって、
すべてのデータをそのままの形で復帰することができましたよ。

6時間くらいかかったけどね。データを移行するのに。


その間、「清水ミチコのバッタもん」を見てたから、
その時間もあっという間でしたよ。



****




しかし、面倒だったのは、Lionになったこと。


全然ヒョウのままでよかったのに、
もうヒョウ売ってねえから仕方なくライオンになりましたよ。


そしたら、Photoshopが起動しないわ、i-tunesがどうのこうのだわ、SpotLightがどうのこうのだわで、その対処が結構めんどうでした。




****




そのつど、サポートセンターに電話するんですけど、
言われた通りにやっても問題解決しないと
だいたい途中で「もう少し詳しい人間に電話を変わります」っていって
中ボスみたいなのが出て来まして、
そうすると、3分くらいで解決するんですよ。

最初からあなたに出逢いたかったよ。と思います。

12月16日 ホッカイロ一緒に買おっ!

僕が佐々木希だったら↑タイトルの12文字で事足りるんでしょうけど、
さっき鏡で確認しましたけど僕は佐々木希じゃないので
つらつらと長文書かせていただきますよ。



****




僕は
仙台市若林区の「ReRoots」という震災復興・地域支援をしている団体さんに
たまに支援物資を送ったりしています。


こちらはボランティアセンターですから
被災者さんたちに直接届くような支援物資ではなく、
現地で実際にボランティア作業をしている人たちへの支援です。


革手袋や長靴、土のう、携帯ラジオ、エネループ、うまい棒(笑)など
ボランティア作業に必要とされているけど足りていないものをお送りしています。

※うまい棒はボランティア作業終了後の歓談時に食べていただいたり、地域のイベント時に子供たちに配られたそうです。


先日、僕はReRootsさんに
「ホッカイロお送りしようと思ってるんですが、送っても大丈夫ですか。
ホッカイロよりも、またはホッカイロ以外にも必要なものあったら教えてください」という内容のメールを送りしました。

そしたら、
「ホッカイロは毎日使うものですので、これからの季節助かります。」とのことでしたので
ホッカイロを送らせていただくことにしました。


また、「やかん」があったらいいな、ということも教えていただきました。

ボランティアセンターの待合室にあるストーブの上にやかんを乗せてお湯を沸かせたらいいな、とのことです。


で、やかんはすでにamazonで買ってお送りしました。

ストーブの熱でお湯が湧かせたらガス代が浮きますし、
あたたかいお茶などで体を暖めてもらえそうです。




*****




さて、本題ですね。



ホッカイロを買おうと思うのですが、
カンパのお願いをさせていただきたいのです!!!!!

2万円分ほどを考えています。


一気にドバッと送っても、段ボールの置き場所に困るかもしれませんので
数回に分けて送る予定です。


ホッカイロは、
雪の降り始めている仙台で民家の床下や畑の泥だしをしているボランティアさんたちに使っていただくものです。

ホッカイロによる実際の温かさもそうですが、
自分たちのボランティア作業を遠くから応援している人がいるっていうことで
ちょっっっっとでも精神的にパワーアップしてもらえたらうれしいなと思っています。



ご協力いただける方は
1000円単位で下記の口座にお振込をお願いいたします。
(12月21日でしめきりとさせていただきます)

領収書が必要な方は fukuihiroshi291@gmail.comまでご連絡ください。
寄付金の領収書を発行いたします。


■■■■■■■■■■■

みずほ銀行府中支店
普通
口座番号 8067755 
フクイヒロシ

■■■■■■■■■■■




お振込いただいたら
もしよかったらfukuihiroshi291@gmail.comまでその旨お伝えください。
僕からも「協力ありがとうございます!」くらい言わせてください。
佐々木希じゃありませんけど。



では、何卒よろしくおねがいいたします。




*****





ぼくの友達関係の方へ。
また変なプレッシャーを感じていると思いますけど、、
完全な任意ですし、それぞれのスタンスで支援を考えているのは知っていますから今度会う時に「こいつ払わなかった…」みたいな顔しませんので(笑)どうぞご安心ください。

前回のときもそんな顔しなかったでしょ。

12月14日 ライオンはヒョウより美しい

あまりにも華やかな毎日が続いたせいで(ウソ)、
どうやらパソコンがその華々しさに耐えきれなくなってクラッシュしてしまったんだよ。

画面が真っ白になって変な音もしたんだ。


アップルサポートセンターに電話してみたら
「HDを見つけることができなくなっています。CDから起動してみてください」だって。

「いや、CDからの起動ももう試したんです。
でも何度やってもCDが強制排出されるんです」と僕が言うと、

「あぁ……」と同情の声が受話器の向こうから聞こえたんだよ。



修理する以外方法がないらしくて、
修理には1週間かかるんだってさ。


翌日締め切りがふたつあったし、修理という選択肢はないんだよ。




****



クラッシュしたのが12日の16時頃。

19時には新宿ヨドバシカメラにいたよ。


そして、即座にマックを買って、重くて運べないからタクシーで帰ったんだよ。


マイケル・ジャクソンでもパリス・ヒルトンでもないんだよ、僕は。




****




Time Capsuleに全部保存していたから、データ復旧できて、
その後もいろんな設定をやりなおさなきゃいけないから方々に電話したけど、
なんとか普通に使えるようになったんだ。


データ復旧できたときは
ほんとは大声で喜びを表現したかったけど
夜中の2時を回っていたから
毛布に顔をうずめてから「よかった〜〜〜!」と叫んだんだよ。




****




この戦いの最中に入った松屋の中国系の女性店員が
別の客の「ネギ抜き」の注文に対して
とても一生懸命にネギを抜いていた姿に
僕が心の底から感動してちょっと泣きそうになったっていう話は
今度もし機会があったらするね。

12月12日 華やかな話題 第2話

へんしん!じゃがポテ仮面は2010年より毎週月曜日の夜に放送されている1分程度のアニメ番組ですが、今日からリニューアルされますよ。



リニューアルにあたって、僕の方にお話をいただきました。


僕は
主人公のじゃがポテ仮面をプチリニューアルさせていただき、
他のキャラクターは新たに描きまして、
世界観と背景のイラストも描きまして、
ロゴも作らせていただきました。


サイトも本日、リニューアルされましたね。


つくづく、じゃがポテ仮面の顔が僕に似ているな〜…と思います。




関西圏に住んでらっしゃる方は
月曜の夜は早く家に帰ってMBS毎日放送を観てくださいね。








※ちなみに華やかな話題シリーズは今回の第2話で終了です。

12月11日 超光速メモ

素粒子のニュートリノが光より早く進むことが実験で明らかになったのが10月。

より精密な実験を繰り返し「やっぱり正しいよ」とまとめたのが11月。


「いやいや、超光速はありえないよ」という反論グループもいて、決着は遠い。



***



ジュネーブ郊外からニュートリノビームを約730キロ先のイタリアで受けたところ、光より60.7ナノ秒早く届いた。



問題点はふたつ。

730キロ離れた両地点の時刻合わせが正確だったのかどうか。

実験機器の電気信号の遅延補正が正確だったのかどうか。



とくに時刻合わせについてはGPSを利用しているから、
この方法で制度が確保できるのかという指摘が多い。


さらに、
ニュートリノが超光速で飛行するならその過程でエネルギーを失うはずだがその形跡がない、という問題も。

12月10日 写真修復ボランティア

写真修復ボランティア団体の「フォトサルベージの輪」さんが
Photoshopなどを使って傷んだ写真の修復を行うフォトレタッチのボランティアを
募集されています。


Photoshop得意だぜっ!という方いらっしゃいましたら
ぜひちょっと読んでみてください。


フォトサルベージの輪「レタッチサポーター」
http://www.photosalvage.net/nyukai.html

12月9日 華やかな話題 第1話


12月9日発売の「公募ガイド 1月号」に
僕のインタビュー記事が掲載されています。
(本屋さんのクロスワードパズルコーナーとかに置いてあります)



「イラストレーターになるには…」というタイトルの記事なんです。



***




このインタビューの依頼が来たとき、まず「断ろう!」と思いましたよ。
大丈夫です。身の程知ってます。

僕なんかが答えられませんよ。僕程度のイラストレーターが、ほんともうカンベンしてくださいよ。
と思ったんですけど、
「親が喜ぶだろうな…」と思いまして、

「大御所のイラストレーターさんじゃなくて、等身大のイラストレーターがリアルに答える」ってことでよろしければインタビュー受けさせていただきますと返事をいたしました。




*****



後日、編集さんとライターさんとカメラマンさんがウチにいらっしゃいました。
犬は突然の来客に喜び、飛び跳ね、ライターさんはその犬を見て「後ろ足の筋肉すごいですね」とおっしゃいました。
編集さんは「柿がお好きだそうで」とおっしゃって高級な柿をくださいました。
僕はちょっとおしゃれをして、本来なら仕事中にしかかけていないメガネをかけてインタビューに答えました。
カメラマンさんは財布を置き忘れて帰ってあとでウチに取りにいらっしゃいました。

(以上、ミタ風)



*****




出来上がった記事を読むと「お前はシャロンストーンか」ってなくらいに偉そうな感じで僕が喋ってました。。
(たぶん、僕が気にしすぎなんだと思いますが…)


インタビューで答えている間、
「僕なんかが言うのはほんとおこがましいんですけど…」っていう枕詞を
8万回は言ってるはずなんですけど
文字制限がもちろんありますからね、そういうのはカットされるわけですよ。

そうするとですね、
全体としては「お前らが夢見てる先にオレがいるんだよ」みたいな感じがにじみ出てるんですよ。。
(たぶん僕の被害妄想なんですけどね……)



****



記事を書き直して欲しい!と一瞬思ったんですが、
この企画は別に僕の謙虚な人間性をアピールするのが目的でもないし、
誰も別に僕の話を聞きたいわけではないんですよね。

イラストレーターっていいなと思っている人の背中をちょっと推すような
「君も来いよ!」っていう内容がベストなんだろうと思います。

なので、「これでOKです!」と返事をしまして、そのまま掲載されております。



*****



ただ、ほんとにいたたまれないので、こういう言い訳を書かせていただきましたよ。

(あと、もうちょっと写りのいい写真なかったのかなとか、正面からの写真がよかったんじゃないのかなと思っていますよ)


*****




今月号がいつもの倍くらいに売れたら
もしかしたら次号から「フクイヒロシの“俺の足跡を踏んで来い!”」が始まるかもしれません。

それが読みたければぜひ買ってください。

12月8日 僕の大切な人と、そのクソガキ

先週末、友達の結婚式行ってきました。

列席者のことを(たぶん)一番に考えられた、すばらしい式でしたよ。

シンプルでしたけど、新郎新婦がほんとにほのぼのとしたいいキャラクターで
その感じがにじみ出てて、最後の新婦の挨拶にはみんなボロボロ泣いていましたよ。

あたたかい式でございました。




****



そして、そんな式とは全然そぐわない感じの


「僕の大切な人と、そのクソガキ」観ました。


主演の人がよかったのと、
僕がマリサトメイを好きだったからよかったものの
全体的にはあまり面白くありませんでしたよ。


たぶんクソガキがほんとに見た目から何から僕の苦手なタイプで
クソガキが出るたびにイラッとしちゃったのが原因でしょう。



****




新しい名刺が届きましたが
思っていた以上にPOPな仕上がりでした。

本人もPOPな人間だと思われそう。


そして、気づけば、名刺の裏表が上下逆さでした。

うっかり人間だと思われそう。


つまり、POPなバカだと思われそう。

12月2日 脳内ニューヨーク

観ました。

つまらなくはなかったし、
結局最後まで観たわけだし
悲しかったり可笑しかったりもしたんだけど、

なんか大して仲良くもない知り合いから
重いトラウマ話を聞かされた気分。




*****




よかった。
この世界は最低だと誤解したままで今日一日が終わらずに済んだよ。
風邪が治ったからだ〜〜♫




*****



自分の年賀状できた。

もういい。あれでいい。

12月1日 びみょーろ

犬用のたまごぼーろをたべてみたら
やっぱりそんなにおいしくなかった。