2月14日 がむしゃらに走りながら

今月は仕事がぎっしりで、
「今、自分史上最高の忙しさ」と思いながらコツコツやっておるわけです。

しかし、そういえば
忙しい時期はいつも「今、自分史上最高の忙しさ」って思っている、ということに気づきました。

確かにそうそう大会新記録がはじきだされるとも思えないから、
このことからむしろ「過去の忙しさはすぐ忘れる」 という結論をはじきだしました。

 だからいまどんなに大変でも少したてば「いそがしかった」の7文字に置き換えられて、リアルな感情なんか覚えていないわけですよ。

大人だって、がむしゃらに走りながら哀しみも思い出もちぎって捨てていくんですよ。



*****


CDジャーナルで去年のベストCDってのを発表していたので
i-tunesで気になったのをちょこちょこ試聴してみて
気に入った以下の2曲を買いました。


アヴィシャイ・コーエン「seven seas」は問答無用のかっこよさ。
5分間まったく緊張感途切れないもんね。
特に2分25秒から、こんなことよくできるなあと思う。

東京女子流はいまのアイドルブームの中でも音楽的に評価されてるってのは
うっすら聞いてましたけど「アイドルな〜」と思って敬遠してましたが、
この曲は渋くてかっこよいんじゃないかな。
アルバムの他の曲も聞いたけど、この曲が一番アイドル声じゃなかったので。
ハーモニーも複雑なんだよなあ。



******



清濁併せ呑む(読み上げボタンを押す)






0 件のコメント:

コメントを投稿