3月6日 変なの出てない

家の固定電話に
「○年○組の○○ですけど、担任の○○先生が…」みたいな間違い留守電が入っていたことがいままでに7回くらいありました。
毎回同じ女性の声。連絡網のよう。


どこの小学校かがわかれば学校に電話をして
間違いを正してあげることもできたんですけどそれも不可能。
ナンバーディスプレイでもないし。


で、今日また電話が鳴りました。

そもそも、ウチの電話はFAXでしか使っていないので
電話が突然鳴ること自体おかしいのです。

「間違い電話だろうな」と思いつつ、
「あなたが今まで吹き込んで来た留守電のすべては相手に届いていない」という事実を教えてあげようと思いまして、受話器を取りました。

低い声で僕が「はい、もしもし」というと、
「なんか変なの出たー!」という小学生4年生くらいの女の子の声が。

負けじと僕が「どなたですか」と聞き返すと
女の子も負けずに「アヤちゃんいますか?」とまさかの質問返し。


「電話、お母さんに代わってくれるかな」と言うとお母さんが出て来たので、いままでの流れを説明するとお母さんは「ご迷惑おかけしておりました。すみません」とちょっと呆然とした感じで言いました。

「いままであたしが吹き込んで来た留守電って……」って思ったんでしょうね。


ていうか、変なのって何だ!
お前、どこ小!



****





なぜか間違い電話が多いんです






3 件のコメント:

  1. 咄嗟に お母さんに代わってくれるかな が出るのはスゴイですね
    ぼくなら ぐぉらぅおぅおぁあああああ!!ぶっぢぐぅらすぁぞぉああああ!!!って逆上すると思う

    返信削除
  2. 変なの…。
    しかし、構成力あるなぁ。タイトル思い出して笑いました。

    返信削除
  3. ●ヨウヘイさん
    子どもに怒ったってしょうがないですからね。母親に代わってくれないと話が進まないと思いまして。
    母親には逆上並の苦言をいいましたよ。



    ●オソンさん
    「なんか変なの出たー!」は耳に残る言葉だよ。なんで普通に生きてるだけなのにこんなこと言われなきゃいけないのか。。

    返信削除