6月29日 上半期面白かった順

2012年上半期に観た映画・DVDで面白かった順です。


 「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」はやっぱ名作でしたよ。

抱きたいカンケイ」らへんから下は
ちょっと「ん〜〜?」って感じがしたんですが
全体的にはいい作品を多く見ることができたな〜と思います。



******




ヘルプ~心がつなぐストーリー~
アーティスト
四つのいのち
BIUTIFUL ビューティフル
裏切りのサーカス
ファンタスティック Mr.FOX
冷たい熱帯魚
モールス
アパートの鍵貸します
パニック・フライト
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密
マネーボール
光のほうへ
コンテイジョン
アリス・クリードの失踪
ペレ
ミラノ、愛に生きる
ウィンターズ・ボーン
ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡
メアリー&マックス
short cut
ゴーストライター
スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション
SOMEWHERE
イリュージョニスト
探偵はBARにいる
モテキ
舞台よりすてきな生活
未来を生きる君たちへ
スリーデイズ
いつか晴れた日に
家族の庭
ゲーム
小悪魔はなぜモテる?!
ザ・ファイター
木洩れ日の家で
ルイーサ
時をかける少女(細田守監督)

最後の賭け
マージンコール
スタンドアップ
ラビットホール
127時間
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
ヴェラ・ドレイク
抱きたいカンケイ
わたしを離さないで
ブタがいた教室
永遠の僕たち
アイアンマン2
マイ・ドッグ・スキップ
デンデラ
ラブ・アゲイン
RUBBER ラバー
アナザー プラネット

6月24日 ortうへ

short cut」観ましたよ。
WOWOWの2時間ドラマがDVDになったやつ。

2時間ワンシーンワンカットで山の上から下まで降りてくるって話。
出演者は中井貴一と鈴木京香と梶原善の3人。
ほんとはほとんど中井貴一と鈴木京香の2人。

テンポが早くてセリフ量多いし、山の中を走るし滑るし落ちるし、次から次へといろんなことが起こるし。

舞台と同じでNGがあってもやり直しがきかないから、観てる方もドキドキするし、
前半は役者もなんか固かったからなんか不自然だったんですが、
後半からは汗ダラダラで衣装もビリビリでセリフのタイミングとかもずれちゃって、生身の人間がむきだしになってて面白かったです。

三谷幸喜の描く人間ってよくも悪くもストーリーにキッチリ収まるキャラクターなのでとても「観やすい」んですが、その分リアルさや面白味は失ってしまうんですが、「short cut」にはその両方がありました。














*******



光のほうへ」観ましたよ。面白かった!

「観てるこっちがトラウマになるわ!」っていうシーンから始まりまして、
渋い映像と、自然光の下での生身の演技と、過去と現在が交錯する編集とで、最初から最後までしびれながら観ました。





6月20日 楽しい











全人類が笑えるんだと思う。 テニスの方の3:15からのボールの重さの表現に魂を感じる。

6月18日 生きレ


 「ペレ」観ましたよ。
北欧で貧困で移民で…ってことになるとどんだけどんよりした気分になるのだろうかと思いましたけど、観終わった後は力強い気持ちになるような映画でした。

結構びっくりするくらいの不幸も起こるんですけどね。

お父さん役の人がとてもリアルでした。
たまに笑う仕草がとても気持ちが悪いんですよ。
それがすごくリアルで。

この人はもともとこういう笑い方の人なんだろうな〜。
そうじゃないとしたら、あまりにもうますぎる。こんなことができる俳優がいるわけない。
くらいに思っていたら、

この俳優さん、調べてみたらマックス・フォン・シドーという人で、
この演技でオスカーノミネートされてましたよ。
てことはやっぱ演技だったんですね。
そしてちょうど去年ものすごくうるさくて、ありえないほど近いで助演男優賞にノミネートされた名優だったんですね。知りませんでしたよ。













********






ミラノ、愛に生きる」観ましたよ。
すごい音楽だな〜すごい景色だな〜すごく美味しそうな料理だな〜すごくキレイな洋服だな〜と思って見ていたら、最後の方で急にすごいことが起こって終わりました。
あっという間の2時間ピッタリ。