9月25日 麺罪

贖罪」観ました。

WOWOWのドラマですけど、
CMがないから15分区切りじゃないし、CM前の煽りとかもないし、気合と時間のかけ方が「これは映画だ!」って感じだったので「そうさ、君は映画さ!」と思いながら観ました。

実際、ユーロスペースで上映されたりしたようですね。
どっかの映画祭でも上映されるとかされたとか。

さて、おもしろかったです。
全5回のドラマでひとりひとりにスポット当てていくんですが、
安藤サクラあたりでちょっと飽きてくるわけです。

でも次の池脇千鶴がそれまでの3人とちょっとキャラが違うのでまたグッと惹きつけられます。

小泉今日子と香川照之がやっぱすごいから、
最終話で、いままで大風呂敷広げたストーリーをギュギュッとまとめあげてました。


いくら大変な目に遭ったからと言って
大人の女性(小泉今日子)が小学生相手に
「あんたたちを絶対に許さない!犯人を探し出しなさい!」って本気で怒るシーンが、いくらなんでもリアルじゃないなあと
原作を読んだときはそう思っていたんですが、
小学生の世界にどっぷりハマっている親なら小学生に対してもこれだけの怒りを真正面にぶつけることもできるんだろうな〜と、小泉今日子の演技を見て思いました。

あと、小池栄子はすっごくいいですね。
本来だったら「やりすぎの顔」「やりすぎの演技」「でかすぎの体」なんですけど、小池栄子本人への好感度があまりにも高いから何をやってもあたたかい目でおもわず味方についてしまうんです。




















 *****





「まるで生麺!」みたいなカップラーメンが多いですけど
カップラーメンにはカップラーメンの麺のよさがあるのにな。

しょせん「まるで」だし。



0 件のコメント:

コメントを投稿