11月2日 あたし、ひとりでがんばらなきゃって思ってました

ヴィクトリア女王 世紀の愛」観ました。

エミリー・ブラント(プラダを着た悪魔の元々いた秘書の人)はいいんだけど、なんか話がまとまってないし、細かいところは描けてないしって感じでした。
真実のストーリー!ってことで「ああ、いい話だな〜」とは思うけど。
なんでだろ。映像に重厚感がなかったのかな。音楽が控えめ過ぎた?

勝手に邦題
『がんばらないと決めた日』

















↑写真間違い。





******




もう11月だ。

ハラハラしてきた。





0 件のコメント:

コメントを投稿