2月26日 アルゴ

アカデミー賞授賞式の前日にアルゴ観ました。

面白かったですよ、相当。
ハラハラドキドキしてたまんないし、あまりに真剣すぎてちょっと可笑しいみたいなシーンもあるし、最初から最後まで緊張感がずっとあるし。
まるで自分が人質になったかのような恐怖感にも包まれますよ。
そして、涙こぼしそうなエンディング。


ただ、ハラハラドキドキのさせ方がちょっとクサイかな〜。
うまいんだけど。ん〜。くどいかったのかな〜。
ギリギリセーフ度が毎回強過ぎたのかも。


今まで作られて来たサスペンス映画の「観客をハラハラさせる技術」ってのを共通の財産だと認識して、それの集大成としての『極上のハラハラ映画』ってことでオスカー作品賞受賞ってことならわかるけど、作品賞を穫っちゃうような風格は感じなかったな〜。
いやいや、相当面白いんですよ。


あと、イランの方々が怒るのもしょうがないと思いました。
これは実話を基にした映画ですけど、事実ばかりではないし、アメリカとカナダから一方的に見た事象なので、イランの人だって言い分あるでしょう。

あまりにもアメリカとカナダがきれいすぎた点も「ホントか〜」って思っちゃうし。

かなり面白いんですけどね。作品賞とったって言われちゃうとな〜。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿