8月30日 風と鬼と鯨と猫のショーに来たよ

8月に観た映画。

5本。まぁ少ない。

風立ちぬ
鬼が来た!
八月の鯨
ヒーローショー
のら猫の日記



どれも甲乙つけがたい。
とくに風、鬼、鯨はそのときの体調と気分によって変動するでしょう。


 風立ちぬはもう一回見てみようかな。





****



呼びに来たよの歌詞がいいんだよ。


8月26日 タノシよ




海やら山やらお台場やら焼肉やら猟犬やら今年の夏は夏らしいことをやらせてもらってます。
外に連れだしてくれる友達に感謝。ありがとう。



****


ポートフォリオを大量に作りまして、インク代やら送料やら含めるとぜんぶで3万くらいかかった気がする。
(まったく正確な計算はしてません。盛ってます。)

3万ってすげえなって思うけれども広告宣伝費なわけだから安いというか当然というか。

なんとかレーション協会に年会費2万4千円払うのと比べれば安いのかどうなのかそれは個人の信条。

某色申告会に年会費2万6千円払うのと比べれば安いのかどうなのかそれは個人の信条。

リアクションもちょこちょこいただいており、うれしいしありがたいです。



****



しかしながら酒量減らず。

せっかく痩せたのに戻ってる気がする。





8月24日 タコにゃ骨がない・本間正彦とアイドラーズ






【1番】

タコ八ちゃ〜ん(タコ八さ〜ん)

タコが戦に行きました
弾に当たって戦死した

「タコの遺骨はいつ帰る?」

妻は妻でもタコの妻
夢にすがってえごま泣く

「タコの遺骨よ、いつ帰る?」

帰らない〜 帰る〜 帰らない〜 帰る!

タコには骨が 骨がない
タコの遺骨は帰らない


【2番】

タコ八ちゃ~ん(タコ八さ~ん)

タコ八戦で死んでから
女ダコ 双子を産みました

「この子、ほんとにタコの子か?」

親に似ぬ子はなんとやら
クジラの孫よりカワイコちゃん

「この子、ほんとにタコの子か?」

似ていない〜 似てる〜 似ていない〜 似てる!

この子には骨が 骨がない
だからこの子はタコの子だ!




【3番】

タコ八ちゃ~ん(タコ八さ~ん)

かわいいおててが16本
タコの双子は父恋し

「タコの遺骨よ、いつ帰る」

目にはいっぱい涙溜め
帰っておくれよ、お父さん

「タコの遺骨はいつ帰る」

帰らない~ 帰る~ 帰らない~ 帰る!

タコには骨が 骨がない
タコの遺骨は帰らない


8月23日 尾瀬

尾瀬行ってきました。一泊。

友達が長蔵小屋というところでシーズンだけ働き始めまして、
電波届かないトコだし様子見に行こうってことで
ほんとにただ友達の様子を見に行くためだけに行きました。

山そんな興味ないし草木や虫、湖沼などにも興味も知識もない状態。

「想像よりキツイんだろうな」と想像していましたが、その想像通りに想像よりキツかったです。

尾瀬沼にはほとんど花は咲いてませんでした。
どうやら季節の花と花のちょうど間だったみたいです。
ちょうどいい時だと一面黄色とか、一面紫とからしい。

そんな感じなので登山者がすくなかったです。

多いときでは200人くらい泊まるという長蔵小屋に、
この日は17人くらいしかいませんでした。

だから部屋もひと部屋貸切にできたし、風呂もご飯もゆっくりだし、従業員の方やその親戚のこどもなんかとしゃべったり、本を読んだり、ゆったりとした時間を過ごしました。

長蔵小屋は映画のロケでひっぱりだこになりそうなくらいに趣きのある、すばらしい建物でした。


****


TVのニュースなんかで
季節になると、尾瀬の木道を歩いているおばちゃんたちがよくテレビに映っていますが、あそこに行くまでチョーーー大変なんですよ。山一個越えるんだから。
あんな穏やかな表情で花を愛でる気分になんかならないですよ。僕は足ゴテゴテになりましたから。


これからは尾瀬の木道を歩く人を尊敬のまなざしで拝見することにいたします。