12月15日 戦う君の歌を〜

蛍雪時代1月号の特集記事にてイラストを描かせていただきました。
いつもとは違う感じのイラストです。
人物も動物も出て来ない、なんとなく無音の世界。


理屈でなくただ漠然と未来への希望みたいなものが伝わるようなイラスト……を目指して挑んだのですが、方向性が見えるまでに時間がかかりまして(スケジュールもなかったし…)「逃げようかな」とも思いました。
が、スチームパンクから退廃性を抜いたような世界観に光明を見いだしまして、そこに自分なりの味付けでなんとか7見開き描きました。(ぜんぶスチームパンクでいくとうるさいと思う)

依頼にはなかったのですが、7見開き全て印象を変えたいと思いました。
ページをめくる楽しさ。雑誌を見開きで感じる楽しさ。みたいなのが読者さんたちに伝わればなあと思いまして。

この月刊誌の読者さんはみんな、ほんとはのんびり過ごしたいこの年末も受験勉強で精神追い込まれてる方ばっかでしょうから、ちょっと気が晴れるような、クッとモチベーションあがるようなイラストを目指しました。


ヨッ!がんばれ!受験生!
ぼくは一般推薦で入っちゃったから気持ち分かってあげられないけど。





0 件のコメント:

コメントを投稿