3月31日 MAKING SENSE

この3月いろんな長寿番組終わっていきましたけど、
僕にとっての一大事はMAKING SENSEの終了です。

僕が聞きはじめて5年目。
番組自体は丸9年。10年目寸前の終了。

月〜金の夜、15分間の放送があって
録音に失敗した日以外すべて録音されているし、
ま〜〜〜ぁ、毎日聴いていますよ。

録音したデータには900以上のエピソードがあるけど
それぞれ何回も聴いてる。だいたい覚えてる。飽きても聴いてる。


僕は家でひとりで仕事してますからラジオは友達ですが、
MAKING SENSEを聴きながら描いたイラストがいままでにどれほどあるだろうか。
感謝感謝。

これからも900以上のエピソードを何回も聴き直すだろうけど、
いままでのように新作が聴けなくなるのはなんとも不安。

最終回もよかったな〜。
たぶん900回のうちで一番内容がなかったと思う。
 一週間前に終了が告知されてから最終回はさすがに一体どんな放送になるのかとハラハラドキドキしていたけど、まさかのまとまりのなさ。

「それでいいんでっさぁ〜」っていう演技じみた江戸前気取り風ではなくて、
なんか電波悪くて電話切れちゃったけどお互い電話かけ直さず…みたいな終わり方。


これだけ聴いていたのに想像もしていなかったほどに「らしい」最終回。


こんなにも毎日毎日何度も何度も楽しませてくれて笑わせてくれて励ましてくれて僕の必要を満たしてくれて感謝感謝。
一回ハガキ読まれたのもラッキー。


「せめてもの感謝の気持ち」 なんて今思えばおこがましかったな。
ただただ描きたかったから描いただけだったんだ。
(清水さん似てなくてすみません、ホントに…)





0 件のコメント:

コメントを投稿