東京オリンピックの失敗から学ぶ100のこと

もしほんとにパクっちゃったのならあのデザイナーさんは地獄いるような気分and状態でしょう。

でも地獄はチャンス。自分を見直すチャンス。

実は日本人全員のチャンス。
それぞれが自分に置き換えてみて自分の仕事ぶりを見直せばいい。

でも、そのデザイナーを罵って罰を与えた気分になってる人は、
そのチャンスを放棄してる。


競技場問題だって、
今後日本人全員が
「この計画やべえんじゃねえ??」「でもここまで進んじゃってるし、今更いえないよ。。」
っていう状態でも「今からでもいいから考え直しましょう!」って言えるようになればいいし、

もし自分が上役なら
いくら計画がすげえ進んでる中でも部下から「考え直しましょう!」って言われたらその意見に真摯に向かい合うようにすればいい。


オリンピックの開催国はその国の膿が出てくるもの。
恥ずかしい膿を世界中に晒すことを決めたんだから、それを良い方向に持って行くしかないし。
それは一般市民が個人個人で出来ること。

0 件のコメント:

コメントを投稿