四コマ映画『怒り』




『怒り』凄すぎた。。 最近四コマのこと考えながら映画観てしまうから没頭できなくなっててでもしょうがないかって諦めてたけどもう後半声出すのを抑えるほどに怖くて没頭して大変だった。。 宮崎あおいが凄い。。やっと宮崎あおいの本気の演技を見れた。 こういう映画が130億いけよ。
でも『怒り』満席だった。。 黒バックに白抜き文字のつまんないエンドロールなのに誰も席を立たなかった。 全部終わるまでみんな立てなかったんだよ。

『怒り』来年度のオスカー外国語映画賞とらないかな〜。 (今年度は『母と暮らせば』を日本代表として出品中) ケンワタナベも出てるしさ。 ミステリーもドラマもあって、音楽は坂本龍一でっせ。 いやぁ痺れた。 森山未來モテキ以来好きじゃなかったけどあの自意識強い感じが功を奏してた。ビバ!

0 件のコメント:

コメントを投稿