四コマ映画『さざなみ』

映画『さざなみ








邦題批判ブームが続いていますね。
どうせならいい邦題にはちゃんと褒めて欲しいです。

この「さざなみ」はすばらしい邦題。
原題は「45 Years」。

主人公の夫婦が結婚45周年なので、そのまま。
向こうのタイトルってほんとシンプルですね。

週末に結婚45周年パーティーを控えた熟年夫婦が主人公。

ある朝、夫の元に手紙が。
50年以上前に付き合っていた恋人の遺体がスイスの山で発見された、と。

夫のその恋人がスイスで山登りをしていたら、恋人だけ滑落しちゃってそのまま遺体は発見されることはなかった。
そして、その後今の奥さんと結婚しました。

妻はそんなこと全然知らなかったし(あ、知ってたかも)、夫もほとんど忘れていたんだけど、突然の知らせに夫の思い出がスイッチ発動。

物置から昔の日記や写真を引っ張り出して思い出に耽りまくり。

ひっっっっさびさの夫婦生活の直後にも「彼女と結婚するつもりだった」なんてこと言っちゃう始末。


妻は心の中で「ふっざけんじゃね~~~~~」ってずっと思ってるんだけど、それを表に出して今更この結婚生活にヒビを入れたくもない。

名女優シャーロット・ランプリングがそのあたりの演技が上手い!
目、怖いもん。
(この演技でオスカーノミネートされました)

「私めちゃくちゃ怒ってるし悲しいし不安だけどそれを表現したりはしません。
あなたはそうやって堂々と彼女の思い出にふけって結婚生活ぶち壊そうとしてるけど、私はそういうことしません。」
っていう表情が上手いし、怖い。。

結局は夫に不満を口にするんだけど、夫の方はイマイチ意味がわかってない。
「昔の話じゃん。。」ってな感じ。それにまたワナワナする妻。


しかもその彼女の写真を妻も見ちゃって、そこで衝撃の事実を目撃。。

妻の心はさざなみのようにザワついたまま、それは永久に止まらない。

そして、45周年パーティー当日を迎えるのです。
あ~怖い、あ~怖い。




0 件のコメント:

コメントを投稿