ネタバレ『サタンタンゴ』



ハンガリーの巨匠タル・ベーラ監督の『サタンタンゴ』(1994)がついに日本公開!
全編モノクロで7時間18分!ななじかんじゅうはっぷん!

途中で2回休憩入ります。
カッコいいフォントで「INTERVAL」という文字がザーンと出てくるので、監督が休憩を勧めてくれているのです。
映画館にもよると思いますが、休憩入れると全部で8時間ちょっとかかります。

ウワサでは「これを観るのと観ないのとではその後の人生が違う」とかなんとか言われてまして
なんかケンカ売られてるような気にもなりまして
公開直後に行きましたよ。

ただ、僕は2回に分けて観ました。。
3部に分かれてるんですが、1部と2部を観て、翌日に3部を観ました。
ごめんなさいね。。でも許してください。全部で7800円払ってますから。。

でも、1回で見れば良かったなと後悔しました。
2日目に3部から加わったときに、1部と2部を連続で観てきた他の観客の疲労感とか謎の仲間意識に疎外感を感じたんです。。
「あ、アイツ金にもの言わせて2回に分けやがったな」という幻聴が聞こえてきましたよ。


仲間意識が芽生えるんですよ。

『サタンタンゴ』を見ることを「survive」と言うようです。俺たちサバイバーだね!という仲間意識があるのです。
流石にもう一回観に行く根性はないので、、僕は「サタンタンゴ」を2回に分けて見たという十字架を背負って生きていくのです。。


****

四コマ映画『サタンタンゴ』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2371

『サタンタンゴ』の四コマ映画を描く!までが僕のサタンタンゴでした。

****




このものすごい予告編(http://www.bitters.co.jp/satantango/)。全てのシーンがこの完璧な構図で作られてます。
もしこの予告編を見て「すごい!」と思ったのなら、もう大丈夫。絶対7時間18分あなたは眠ることなく最後まで見れます。ずっとこのクオリティですから。


****


冒頭、ひたすらに朽ちた農場が横パンで執拗に写されます。どういうことなんだ、と思っていると牛が出てきます。そのあと豚とかアヒルとか出てきます。
これがどういうことなのかはずっっっっっとあとでわかります。

んで、やっと人間が出てきたと思ったら、それは女性なんですが、その女性が衝撃的な行動を取ります。
なんのためにそんなことしてるんだろう、と思ってましたが、それも後々わかります。。「すごいことしてんじゃん。。」

で、基本的に誰が誰かわかりません。誰かがその人の名前を呼ばない限りソイツが誰だかわかりません。

でも大丈夫。7時間18分あるから。いやでも全員覚えます。


****


恐ろしいまでの映像力で惹きつけられますし、俳優さんの力ももの凄い。。
本人か!と思うほどの迫力。

ちなみにハンガリーは「東欧では成功した国」とのことで、当時も実際は大繁栄していたようですね。
だとしたらあの実在性はなんなのか、と。あの世界があるとしか思えないリアルさでした。


****


つまりは普遍性ということですね。時代や国に依らない。いつでもどこにでも突き刺さる人間の愚かさをグッサリと突き刺してきます。
今の日本にも残念ながら当てはまると思います。
どういうわけだか今日本で25年経ってやっと初公開されるのは、残念ながら偶然でもないし、時期ハズレでもありません。。

もうほんとに怖しいですよ。『サタンタンゴ』を地でやってるなんて。。


*****



連日満員の大ヒットで、全国拡大ロードショーされますので。
ぜひ一生に一度のイベントとして『サタンタンゴ』観るべきです!


****

四コマ映画『サタンタンゴ』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2371





ネタバレは以下に。。
























猫は死んでないようですね。獣医師の監視のもと安全に行われて、その後タルベーラ監督がその猫を飼ったらしいです。
にわかに信じらないんですけど、そうらしいです。。
どう観ても死んでましたし、死んでないにしても、めちゃくちゃ怒る人いそうです(実際動物愛護団体から非難されたようです)。


あと、これもパンフに書いてあって衝撃だったのですが、、この『サタンタンゴ』の大筋は

"労働忌避(働いてない)の罪でイルミアーシュたちは逮捕されたけど、警察のスパイ網を組織することを交換条件にイルミアーシュたちを釈放。
彼らは農民たちに真実を伝えることなく言葉巧みに金を巻き上げて、警察のスパイとしてあちこちに送り込んだ”
という話だったのです!

ハンガリー語学者・元東海大学准教授である深谷志寿さんの解説より引用いたしました。

"「えっ、そんな話だったのか!?」と驚くかもしれないが、この作品ではそのこと自体はあまり重要ではない。”
と優しく言ってくださっています。


僕もこれ読んでびっくりしまして、あの農民たちスパイとして各地に振り分けられていたんだ。。全然本人たちわからないままそんなことになっていたなんて。。確かに「監視しろ」って言われてましたけど。
可哀想に。。騙されて金取られて、農園を買うという夢も潰されて。。。


フタキだけは寸前で逃げましたね。トラックを降りてずっと遠くに背中が消えるまで歩いて行きました。
フタキは最初はイルミアーシュを盲信していましたが、正しく疑う姿勢で真実を見極められました。
人間にとっての希望ですね、フタキは。

ネタバレ/50年後のボクたちは(2016年製作の映画) Tschick

若き名匠ファティ・アキン監督の中では、ライトな青春映画かと。
ま、主人公たちは14歳で車を何題か盗んで酒とタバコやるわけですから、なかなかの犯罪犯してるわけですが。。
スクールカーストの底辺にいる主人公マイクは、クラスの中ではほとんど「無」の状態。
そんなにいじめられてる感じはないけど、とにかく「無」。
「サイコ」って言われたりもするけど。
マイクは頭の中で
美女と出会ったり、嫌な奴を射殺したりとかなり過激な妄想を映像化しますが
これも全然真っ当な14歳。
僕も今だにイヤな奴は脳内で惨殺しています。

****

マイクの殻を破って外に連れ出してくれるのが、不思議転校生チック。
相当な家庭の事情もありそうだし、どんな生き方をして来たのか聞くのが怖いレベルだけど、マイクのことを気に入って、盗んだ車でルーマニアへ走り出します。
ドイツから陸路でルーマニアに行くと、オーストリアとかハンガリーを通過しなきゃいけないという結構過酷な車移動になります。
彼らは一応目的地をルーマニアに設定してるけど、本当はどこでもいい。
ここじゃないところへ行けるならどこでも。
友達と2人だったらなおさら何処へだっていい。

****
同監督の『そして、私たちは愛に帰る』でもそうだったのですが、
表面上でわかりやすく怒っているアクションよりも
背後で静かに続いていることや、
一回しか語られ中事実、
一瞬しか起きなかった行動などに、この映画の本質があります。
単なる青春映画ではなく、
あらゆる社会問題の最終的な犠牲となる子供、若者たちの静かな戦いを描いていますね。
ノリとしてライトですが
かなりアウトローです。
こんなアウトローな雰囲気なのに
なんどもかかるBGMが『渚のアデリーヌ』https://www.youtube.com/watch?v=-CFKB8sYTIM ってのがウケる。。
絶対にわざと笑かしにかかって来ている選曲です。

しかも、このほんわかとした幸せに満ちた曲がヒットした1970年代のドイツは
東西ドイツの関係も正常化して、ドイツ再統一への希望を持った時代だったようです。
そんな希望に溢れた時代を生きて来た大人たちによって
苦しめられている若者たち、という対比のための選曲かもしれません。
****

フィルマガ映画コラム連載です!
楽しいドイツ映画を紹介しています。ぜひよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドイツビールのお祭り「オクトーバーフェスト」とは?ビールを飲みながらドイツのコメディ映画を観よう! | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/3017
****

ネタバレはコメント以下

****

チックはゲイでしたね。
本当にマイクのことが好きだったかどうかはわかりません。
「好きだ」と言える相手が欲しかったのかも。
マイクなら自分のセクシャリティを拒絶しないだろうと思っただけのようにも見えます。
終盤、車の事故によって2人の夏休みは終了。
チックはマイクを置いて逃走。
マイクもチックを引き止めません。
それ以降、チックの生死すらマイクにはわからない。
マイクは裁判に出廷します。車盗んだり色々犯罪やってるんで。
「主犯格はチックであってマイクは責任を負わない」とマイクの父と弁護士は主張しますが、
それに対して
「計画は2人で考えた」とマイクは語ります。
ウソをついてチックとの絆を傷つけたくなかった。
腹を立てた父はマイクに飛び蹴りをします。
*****
夏休みが明けて、学校が始まると何やら雰囲気が変わったマイクにクラスメイトが注目します。
クラスでいちばんの美女タチアナも急に態度を変えてマイクに接近しますが
当初タチアナに憧れていたマイクは興味がなくなっていて
タチアナにそっけない態度をとります。
「それよりチックに会いたい」
マイクは日中刑罰の奉仕活動。
夜は母と過ごします。
(母のアル中は改善方向へ向かってるっぽい)
マイクがチックと一緒に乗った車「ラーダ」が
再び盗まれたと警察から連絡があります。
きっとチックからのメッセージだとマイクは考えます。
「チックは彼らしくどこかで生きている」
50年後、あの岩で会えますように。

ネタバレ:ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

ビッキビキのEDMやクインシー・ジョーンズなどのsoul musicがカッコいい!
場末感というか終末感ハンパないレストランもかっこいい!

しかし、登場人物は全員ダメ人間。。
自分の店を守りたいという主人公ジノスも(運が悪いというよりは)頭悪すぎて、、
チョロQみたいに走り出してはぶつかってひっくり返って走り出してを繰り返すばかり。。
音楽の力によって店が上向きになるも
店の権利が奪われてしまうし
それへの対抗策もあまりにも直感的でずさん。。。
***
上記を楽しむ以外にこの映画を楽しむ方法はありません。
バカだなーなんなんだろう、全員。
でもこのレストラン素敵だよなー。
2、3回行ってみたいなー
とか思ってみていると、意外や意外に温かなラストシーンへと帰結しまして
そういえば全体的にいい映画だったような気になるし
多分ずっとそんな記憶が残る映画です。

****

フィルマガ映画コラム連載です!
楽しいドイツ映画を紹介しています。ぜひよろしくお願いします!
   ↓   ↓   ↓   ↓  
ビールを飲みながらドイツのコメディ映画を観よう! | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/3017

****
ネタバレは以下



店の権利譲渡書を盗むために不動産会社に侵入した罪で兄は逮捕。
レストランの女性店員は兄の面会に行き、兄とキス。
店は閉店。
シェフはサーカスでナイフ投げ。
女性店員も別の店で働いている。
ジノスは元カノにお金を借りて、店のオークションに参加。
ライバルのおっさんが何かを喉に詰まらせて喋れなくなった隙に
ジノスが店を落札!
無事に店を取り戻した!
自分の腰痛を治してくれた美人整体師をいい感じのディナー。
おわり。

ネタバレ/コーヒーをめぐる冒険(2012年製作の映画)

オシャレなモノクロ画面でエスプリの効いた会話劇が続くオシャレ風味映画、
という外ヅラにしているのも意味があるのだと思います。
結構な風刺映画だと僕は考えます。

主演はオシャレイケメンのトム・シリングですが
彼は結構ずっとナチス映画にメインどころで出演してきた俳優です。
顔の美しさに頼った俳優歴ではないのです。

***
この『コーヒーをめぐる冒険』でも
劇中劇としてナチスが出てきますし
終盤には戦争でトラウマを負った老人が出てきて映画の雰囲気をガラリを変えます。
「本気になるのって寒くな〜い?」ってな顔してる若者をトム・シリングがただ単純に演じるわけがない。
薄っぺらくモラトリアムを生きてきた若者が
いろんな人との巡り合わせて、自分の人生に立ち向かう覚悟を決める物語です。

****
フィルマガ映画コラム連載です!
楽しいドイツ映画を紹介しています。ぜひよろしくお願いします!
 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
?ビールを飲みながらドイツのコメディ映画を観よう! | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/3017
『50後のボクたちは』『ソウルキッチン』『ノンストップ・バディ 俺たちには今日もない』『コーヒーをめぐる冒険』『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』

****

ネタバレは以下に。



主人公ニコ。
朝チュンの後、出かける準備。
彼女のことなんでどうでもいい。
それに気づいた彼女。
***
運転適性診断室へ。
飲酒運転したことで免停になっていたが
免停の取り消しを訴えに来た。
が、担当医が嫌な奴で
ニコを「精神不安定」を決めつけて免停は継続。
車の運転が引き続きできない状態に。
***
コーヒー屋に行くが、手持ちのお金がなくて払えず、飲めない
***
ATMで金を下ろそうとしたが、カードが出てこなくなって金も引き出せない。
(その前にホームレスに恵んだ小銭をやっぱ返してもらおうとするも、それを街の女性に見られてて断念)
***
マンションの上の階のカールが部屋に来る。
妻が作ったミートボールをニコニ食わす。
カールが持って来た酒を一緒に飲む。
カールはヘルニア。妻は乳ガンで全摘。
カールはひとしきり泣いて、満足して部屋を出て行く。
ニコは残ったミートボールをトイレに捨てる。
***
友達の売れない俳優マッチェから電話。
マッチェの車でカフェに。
マシンが壊れていたここでもコーヒーが飲めない。
学生時代のクラスメイトの女性登場。
昔は太っていてデブリカと呼ばれていたが、今は美人に。
彼女は今夜、劇場でパフォーマンスをするというので、それに行くと約束。
***
マッチェは撮影スタジオへ行く。
マッチェは知り合いの売れっ子に
「なんか役余ってない?」と仕事をねだる。
撮影開始。
ナチの将校とユダヤ人女性との悲しい恋の物語。
スタジオ内にあるポットにもコーヒーが入っていなくて、ここでもニコはコーヒーが飲めない。
***
ゴルフ場で父と会う。
「ムカつく奴の顔を思い浮かべながら打つんだ」と父に打ち方を教わる。
ニコは父の顔を思い浮かべながら打つ。
「2年前に退学してただろ。この2年オレがお前に送ってやった学費はどうした?
オレはお前の習い事のために毎日働いて来た。忙しくて考える暇もなかった。お前の講座は凍結した。仕事を探せ。援助は打切りだ。これは親心だ」と父。
ATMで金がおろせなかったの父の仕業だった。
父は数枚の紙幣をニコニ渡す。
「これで仕事を探せ」
***
駅の券売機が壊れていて切符が変えず、切符のないまま電車に乗ったら、キセルだと言われ連行されそうになる。
走って逃げて、別の電車で無事帰宅。
***
マッチェと一緒にマルセルの家へ。
若者がたむろする家。
なんか話すくてヤバそうな仕事をしてるマルセル。
マルセルのちょっとボケたおばあさんはニコに親切にしてくれる。
***
デブリカが出演する劇場へ。
かなり前衛的なダンスを見てマッチェが笑いを堪えられない。
それを見て他の観客は怒っている。
終演後、演出家や出演者がマッチェを攻める。
ニコは「勇気がある。僕にはできない」とデブリかに言う。
***
ニコとデブリかはいい感じに。
トイレでセックスを始めるものの
「デブ女とやりたいって言って!大声で!」とデブリカに懇願されて
ニコは萎える。。
今は美しくなったデブリカだが、今だに過去の自分から抜け出せていなかった。
****
大人っぽいオシャレバーに行くニコ。
酔っ払いの老人に絡まれる。
「子供の頃、父に石を握らされた。窓ガラスに石を投げた。この店の窓を粉々にした。火事が起こって炎が明るくなった。通りはガラスだらけ。オレは悲しくなった。ガラスだらけの道じゃ自転車に乗れないからだ。オレは自転車に乗れなくなるって泣いたんだ」と老人。
老人は店の外に出た途端倒れる。
ニコが病院へ連れて行き、待合室で朝まで待っていたが、老人は死んでしまう。
他人であるニコは老人について教えてもらえない。
「せめて名前を」
「フリードリヒさんよ」
***
朝の光の中、カフェでコーヒーを飲むニコ。
(いろんなことがあった1日を経て、やっとコーヒーを飲む資格のある大人として認められたニコでした)
終わり

映画『種をまく人』




映画『種をまく人』上映日:2019年11月30日



『種をまく人』というタイトルはファン・ゴッホの名画に由来しているとのことです。

主人公を演じた岸建太朗さんの風貌もかなりゴッホチックですし
ゴッホの一番有名な作品である〝ひまわり〟も、この映画で重要なモチーフとなっています。

改めてファン・ゴッホの絵画『種をまく人』を見ると、
種をまく時期なわけですから季節は秋で、畑は褪せた枯れた色で覆われてるはずなんですが
この絵は眩しいほどに明るい。希望に満ち溢れた世界です。
この畑を黄金色の麦でいっぱいにしてやる!というほとんど怒りに近い希望を感じます。

*****


映画『種をまく人』の主人公もひまわりの種をまきます。キレイな石を拾ったりもするんですが、思うような結果が得られなかったので、ひまわりの種をまきます。
いつか全開に咲いたひまわりを見て、少しでも元気になってもらえたらと、多分そう思いながらまきます。


*****




四コマ映画『種をまく人』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2364





*****


だいぶ重い話ですし、壮絶な喪失感に襲われるので、たまらんのですが、、、まあね、、どんな人生にでも起こりうることですし、悲しい事件・事故は毎日ニュースで見聞きします。

「生きてるのがキツイ、いっそのこと!」と思ってしまう場面も人生には多いですが、、そういう窮地に立たされた人間に対して、この映画はとても優しい。
「明日があるさ!頑張れ!」なんて無責任なことはけして言ってきません。美しいラストシーンを見りゃ、全部伝わってきます。


*****


この映画にはいろんなタイプの人間や問題が登場します。

障がい、きょうだい児、毒親、独善的な教師、差別、偏見、贖罪などなど

観る人によってスポットを当てる箇所が違うと思いますが、
きょうだい児について描いていることがとても特徴的だと思いました。

きょうだい児とは「障害児の兄弟姉妹」のこと。
親や周囲はどうしても障害を持った子の方に気を回してしまって健常者の子にはあまり注目できない。

子どもであることには変わらず、未発達なんだけど、親に負担をかけないように色々と我慢をしたり、良い子になることを課せられます。

この映画でも、主人公の知恵ちゃんに対してお母さんは「ちゃんと妹の世話をしなさい!お姉さんなんだからわがまま言わないで!」となかなか厳しく、知恵ちゃんが「良い子」であることが前提で家庭の幸せが保たれています。

この辛さを説明ゼリフなしで観客に伝えているのが、すごいところですね。「あ〜、こんな気持ちになるんだ…」と観客はすぐに知恵ちゃんの気持ちに寄り添うことができます。


******


お母さん自身もだいぶ追い込まれてますので、ホラー級の目ヂカラで攻めてきてなかなかの迫力。。
このままだとこのお母さんが一人で悪役になりそうなところを、
このお母さんのお母さん(つまり祖母)を描くことで、問題を単純化させませんでした。

この祖母は、まぁ毒親ですね。娘を自分の管理下においておきたい。

それによってお母さんは、自分の家庭を築いているのにも関わらず、母の目から逃れられない。
母親に叱られないような家庭を築かなきゃ!という重圧と戦っているようでした。


独善的な教師も恐ろしいですね。。ひまわりの絵を頼むシーンなんて。。


*****


かなりの情報量なのですが、極力説明ゼリフを入れずに、演技と演出で伝えています。
これが映画です。

竹内洋介監督、これが長編映画デビュー作というのが信じられません。。
相当思い切ったこともするし、繊細な演出もするし。。

終盤の車運転するシーン凄いですから、お楽しみに。
『へレディタリー/継承』『薄氷の殺人』的な時間経過演出!


*****


色々長々と書きましたが、この映画の大事件については一切書いておりませんのでご安心を!




*****




四コマ映画『種をまく人』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2364


『ライリー・ノース 復讐の女神』

9/27公開
ライリー・ノース 復讐の女神
Peppermint

優しいお母さんが殺戮マシーンと化して悪者をズッタズッタのギッタギッタのバッタバッタに殺していくという痛快映画!
日本でリメイクするなら原日出子か森口瑤子にやってもらいたい。
世界で興行収入5000万ドルいってるんですね。
この規模の映画にしても相当な大ヒットでは。

****


*****


夫と娘と幸せに暮らしていたライリー・ノースさんでしたが、
ある日突然マフィアに夫と娘を殺されてしまいます。

警察や裁判官とも癒着していたので、マフィアは全員無罪。
「はぁ?」って思ったライリーさんは数年間雲隠れまして、暗殺の特訓を積みます。
で、完全体となった彼女はマフィアたちをいろんな道具や工夫を凝らして次々に殺していきます。
警察はすぐにライリーさんの犯行だと突き止めますが、隠れ方も特訓してるので誰も彼女を捕まえられません。
ライリーさんが復讐を行なっていることはニュースでも流れ、SNSでは彼女を応援するツイートが増加。
ライリーさんは正義か、犯罪者か。
そして、彼女の復讐は達成できるのか。。

*****

殺戮マシーンとなっても「お母さん」としての優しさが抑えられない、というシーンがいいですね。子どもにはひたすらに優しい、と。
これがあるからこそ、あまりにも残忍な殺しを遂行するライリーさんを観客は見捨てられません。
しかし、これが彼女の弱点にもなるわけです。。。

*****

主演のジェニファー・ガーナーがいいですね。この映画のためにかなりアクションを特訓したようですし、ちゃんと優しさや哀しみなども表現されてるし、
でも復讐するときはちゃんと冷酷だし強靭に見えるので、そのギャップは楽しいです。
事件を追う刑事を演じたジョン・ギャラガー・Jrの軽さもいいですね。
ライリーさんが殺害したの男3人を観覧車に逆さ吊りしたのを見て
「斬新だな…」と呟くシーンは笑えますし、
この映画のコメディ要素を1人で担ってくれています。

****

ラストもいいねえ!