12月30日 −・・−・ ・−−・− −・−−・ −−−・− 

−−−− ・・−・・ −−・−・ −・・−・ ・− ・・−・ −−・− ・−・−・ ・−・・・ ・−−−・ −・− −・−・ ・−・ −−・   −・・− −−・−・ −・   ・・・ ・− −−・− ・−・−・ −・・−・ ・・−・・ ・・ ・−・・− −−−・ ・・ −− ・−・−   −−・−・ ・・・− ・−・・・ −−・− ・−・・ ・・ ・− −−・−・ −・・− −−−・−   −−・・ ・・−−・ ・・・− ・− −−・・− ・・−−・   ・−・− −−・−・ 


↑これをコピーして、リンク先にペーストしてみてくださいな。


12月29日 Hypnotize Music















12月26日 オークション

ジョジョの奇妙な冒険1巻〜39巻(第5部完結まで)
モリのアサガオ(全巻)
きらきらひかる2(全巻)
風の谷のナウシカ(全巻)

を売ろうと思って、はじめて楽天オークションに出品してみましたが
微動だにせず、なんにも売れませんでした。

びっくりしました。

高い値段も付けてないし状態も良かったんですけどね。

これもなにかの縁かと思うので売るのはやめました。

読みたかったらウチに来てください。

12月21日 雑

GoogleMapによって
僕の部屋のベランダが撮影されて、
僕のパンツやらシャツなどの洗濯物が
全世界とインターネットを見ることができる宇宙人たちに勝手に公開されていたことが
2009年2月に発覚しました。

そんで、そのときGoogleに削除依頼をしたら
あっさりと画像は削除されて
↓こんな感じになっていました。


そんで、先日、
「そういえば今もあんなに真っ黒画像のままなのだろうか」と思って
GoogleMapで観てみたら
また洗濯物画像が復活していたので
再度削除依頼をしたら
現在は↓こんな感じになっております。

12月20日 フクデミー賞2010

自己満足いきますよ。


今年観た映画は158本。


劇場公開の新作だけじゃなく
レンタルで古い作品では「自転車泥棒」や「理由なき反抗」などあって新旧織り交ぜてございます。


2010年フクデミー賞として、
素晴らしい作品と俳優さんたちを讃えたいと思います。


まずは、主演男優賞でございます。




【主演男優】
☆コリン・ファース(シングルマン
ライアン・ゴズリング(ラースと、その彼女
高岡蒼甫(さんかく
ガストン・ポールス(NINE QUEENS 華麗なる詐欺師たち
ダニエル・デイ=ルイス(ゼア・ウィル・ビー・ブラッド


☆がついているのが最優秀とさせていただきます。
自分の好みとして、アグレッシブな演技よりも抑えた演技で感動を与える方がすごいことではないだろうか、と思いますので
抑えた演技ながらもビシビシと感情を伝えて来きたコリン・ファースさんが最優秀主演男優賞ですよ。
おとぎ話に血を通わせたライアン・ゴズリング。
ダメ男っぷりが面白かった高岡蒼甫。
なぜか目が離せなかったガストン・ポールス。
ほんとに怖いダニエル・デイ=ルイス、の4名、主演男優賞ですよ。すばらしい。



惜しくも5人には入らなかったけど、
甲乙つけがたかったのが次の4名です。

ジェフ・ブリッジス(クレイジー・ハート
ジェレミー・レナー(ハートロッカー
ダニー・ブーン(ミックマック
マシュー・マクファディン(ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式


酒に溺れた落ち目の歌手という役を上品に、ジェフ・ブリッジス。
新しい戦争映画でした、ジェレミー・レナー。
コメディー最高、ダニー・ブーンとマシュー・マクファディン。






続きましては、主演女優賞でございますよ。






【主演女優】
☆キャリー・マリガン(17歳の肖像
松たか子(ヴィヨンの妻/告白
深津絵里(悪人
満島ひかり(愛のむきだし
エレン・バースティン(やさしい嘘と贈り物




いろんな液体を出しながら熱演した日本人若手女優の3人を抑えたのは、
そういうのをサラッと演じちゃったキャリー・マリガン、最優秀主演女優賞でございます。

松たか子はヴィヨンの妻がすごかったです。表情の種類がたぶん日本で一番多いですよ。
深津絵里はうまいのに嫌味がないですね。
満島ひかりはもう怖い。CMとかでたまに見るけどテレビサイズに治まらないからほんとこわい。
エレン・バースティン、おばあちゃん女優なめんなよって感じ。


惜しくも5人に入りませんでしたが、甲乙つけがたかったのが次のお二人。

アナマリア・マリンカ(4ヶ月、3週と2日
サンドラ・ブロック(しあわせの隠れ場所/あなたは私の婿になる


地球人、女、アナマリア・マリンカ。
アメリカの良心、サンドラ・ブロック。





さてさて、続きまして、助演女優賞ですよ。
助演がいいと映画は断然面白くなりますよ。



【助演女優】
☆エミリー・モーティマー(ラースと、その彼女/マッチポイント
マリサ・トメイ(レスラー
ヴェラ・ファーミガ(マイレージマイライフ/ディパーテッド
マギー・ジレンホール(クレイジー・ハート
矢沢心(さんかく


エミリー・モーティマーは声がかわいい。なんのヘンテツもない役なのに、この人がやると観ていて気持ちが乗る。
それはヴェラ・ファーミガも同じ。なんでこんなに魅力的なのか。
マギー・ジレンホールも同様。けして美人じゃないのに。
その中でも一番だったエミリー・モーティマーに最優秀助演女優賞でございます。

マリサ・トメイは今までの集大成的な役柄。最後の骨と肉が滾るダンスシーンが最高。
矢沢心は最優秀助演女優賞に選びたかったくらい。“ネズミ講詐欺師”が笑っちゃうくらいピッタリ。いつかこういう役で本物の賞を穫って欲しい。


惜しくも5人に入りませんでしたが、甲乙つけがたかったのが次の三人。

パリ・ミョンシン(冬の小鳥
小野恵令奈(さんかく
ウィノナ・ライダー(ダーウィンアワード


悲しい時は布団を叩こう、パリ・ミョンシン。
子供と大人の間の貴重な時間をフィルムに残せましたね、小野恵令奈。
あなただったから「ダーウィンアワード」は面白かった、ウィノナ・ライダー。






さてさて、最後は助演男優賞ですよ。



【助演男優】
☆岡田将生(告白/悪人
香川照之(劔岳 点の記
ピーター・サースガード(17歳の肖像/ニュースの天才/ボーイズ・ドント・クライ
三浦友和(沈まぬ太陽/転々
イーサン・ホーク(トレーニングデイ



香川照之の山の匂いがすごかった。
ピーター・サースガードはいい人なのか悪い人なのかいつもわからない。
三浦友和は新しい悪役。
イーサン・ホークはほんとにきっちりしててわかりやすい。この人の顔観てればセリフなくていいかもよ。

この4人を抑えて最優秀助演男優賞を差し上げたいのは
薄っぺらい若者役がほんと最高だった岡田将生です。
キネマ旬報でも受賞してね。



惜しくも5人に入りませんでしたが、甲乙つけがたかったのが次の2人。

ライアン・レイノルズ(あなたは私の婿になる
F・マーリー・エイブラハム(アマデウス


サンドラ・ブロックの一人遊びにさせませんでした、ライアン・レイノルズ。
ほんとはあなたが最優秀助演男優賞です、わかっています、F・マーリー・エイブラハム。


個人賞は以上。
続いて作品賞

12月19日 フクデミー賞2010(続き)

そして、作品賞です。


【作品賞】
ラースと,その彼女
ハートロッカー
雪に願うこと
悪人
シングルマン
愛のむきだし
劔岳 点の記
17歳の肖像
4ヶ月、3週と2日
さんかく




なんといっても「ラースと,その彼女」ですよ。
善であろうとする人間の滑稽なほど悲しくまっすぐであたたかな気持ちに、泣いちゃうわけですよ。
2回目観た時も泣きましたよ。

でもこの映画がダメな人もいるようですよ。
「こんな優しいことありえない!」「こんなの絵空事だ!」って思っちゃうみたい。
あなたの闇を聞かせておくれよ。



ハートロッカー」ですねえ。
新しい戦争映画。まさに現代の微妙なあぶなっかしいところを見せていただきました。
映画としても非常にカッコイイ!音も映像も最高。

雪に願うこと」これもいいねえ。なんだか大好きですよ。
普通なんですけどね。ごく普通な日本映画なんですけどねえ。何回も観てます。

悪人
テレビでも活躍する人気俳優が出演するヒット映画でこれだけ魂のこもった映画がうまれたのは感謝すべきことでしょう。

シングルマン
新人監督らしく映像はスタイリッシュなんだけど、そこに溺れずに、たった一日の出来事に一人の男の人生を詰め込んでました。身につまされる。

愛のむきだし
見終わった後の、交通事故に遭ったような衝撃と疲労感。

劔岳 点の記
ほんとに命がかかった映画。しかしベタベタしてない。重くない。海猿とか観てんじゃないよ。

17歳の肖像
完成度高いと思いました。キャリー・マリガンとピーター・サースガードが素晴らしいですよ。

4ヶ月、3週と2日
これはもう讃えざるを得ない。

さんかく
面白いんですよ。俳優さんたちの演技がよかったんでしょうね。普通の人たちが日常生活の中でやるおかしな言動が、ちゃんとおかしく笑えるように見えました。凄いと思います。






惜しくも10位以内には入れなかった、11位から20位までの作品はこちら↓。

告白
シャープなエンターメイメント作品だと思いました。映像も面白く効果的で、この映画に似ている映画を見たことないです。

キッチンストーリー
これも面白くてあたたかくウソのない映画だと思いました。

ミックマック
アメリの男の子版ですね。楽しくてしょうがない。

クレイジーハート
痛々しくて観ていられないかもと思いきや、ジェフ・ブリッジスとマギー・ジレンホールが気高く上品だったので後味爽やかでした。

ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
緊張と緩和。どコメディーですね。こういう正統派で「ちゃんと笑える」映画は大好き。

人生に乾杯!
現実の世知辛い感じとおとぎ話の感じが混ざり合ってて面白かったです。

刑務所の中
刑務所の中の映画なのにほのぼのとして、短いエピソードの連続で笑ったりしんみりしたり考えさせられたり。

ヴィヨンの妻
松たか子がいいですよ。面白かった。

酔いどれ詩人になるまえに
自分と重ねてしまってどっぷりはまりました。。

レスラー
手持ちカメラによる画面のブレと、あとたぶん照明もあんまり使ってない自然光の下での撮影によってドキュメンタリーみたいに見えました。男も女もかっこいい。





↓21位からのランキングです。
冬の小鳥
ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!
カッ コーの巣の上で
沈まぬ太陽
硫黄島からの手紙
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
やさしい嘘と贈り物 
列車に乗った男
SHORTBUS
魔女の宅急便
ライフ・イズ・ミラクル
ジョーズ
イングロリアス・バスターズ
トイストーリー3
転々
しあわせの隠れ場所
ザ・ペーパー
あなたは私のムコになる
プレイス・イン・ザ・ハート
愛を読むひと
グラディエーター
アマデウス
トーク・トゥー・ハー
自転車泥棒
キルトに綴る愛
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ
ウォレスとグルミット 危機一髪
ザ・マジックアワー
3時10分、決断のとき
のんちゃんのり弁
サン・ジャックへの道
インセプション
ホルテンさんのはじめての冒険
マッチポイント
NINE QUEENS 華麗なる詐欺師たち
ディパーテッド
アバター
魔法にかけられて
第9地区
紅の豚
ボーイズ・ドント・クライ
ココ・アヴァン・シャネル
大いなる休暇
歌え!フィッシャーマン
マルタのやさしい刺繍
マイレージマイライフ
トレーニングデイ
ホリデイ
月に囚われた男
Orzボーイズ
NINE
インフォーマント!
やわらかい手
ダーウィンアワード
ぼくの伯父さん
ユー・ガット・メール
マイ・ライフ、マイ・ファミリー
ウィスキー
あなたになら言える秘密のこと
フロスト×ニクソン
Dearフランキー
しあわせな孤独
小説家を見つけたら
譜めくりの女
ぼくの大切なともだち 
地上5センチの恋心
電信柱エレミの恋
トロピックサンダー 
借り暮らしのアリエッティ
湖のほとりで
終わりで始まりの四日間
サイドカーに犬
プロデューサーズ
マンハッタンで抱きしめて
SWAT
永遠のこどもたち
グッドナイト&グッドラック
交渉人
ペネロピ
メルシィ人生!
理由なき反抗
シャーロック・ホームズ
バンテージポイント
たみおのしあわせ
ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー
世界最速のインディアン
ゴスフォードパーク
ショコラ
サンシャイン・クリーニング
ペッピーノの百歩
ワールド・オブ・ライズ
ボーンアイデンティティー
ジキルとハイド
父親たちの星条旗
クイーン
エリザベス ゴールデンエイジ
クリクリのいた夏
ヒトラーの贋札
シャロウ・グレイブ
インスタント沼
パイレーツロック
イノセントラブ
パッセンジャーズ
消されたヘッドライン
さらば、ベルリン
ベストフレンズウェディング
白と黒のナイフ
危険な関係
キャラバン
マイアミバイス
インソムニア
ミス・ポター
ヒットマンズ・レクイエム
みなさん、さようなら
ゴールデンスランバー
プリンセスと魔法のキス
わすれた恋のはじめかた
ウディアレンの夢と犯罪
エド・ウッド
僕 らのミライへ逆回転
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
運命の逆転
リリィ、はちみつ色の秘密
フィッシュストーリー
プレステージ
変身
Dr. パルナサスの鏡
(500)日のサマー
ザ・エージェント
ワルキューレ
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
フィリップ、君を愛してる
ハリーポッターと賢者の石
オリバーツイスト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序
クヒオ大佐
トワイライト~初恋
マーゴットウェディング


[途中で観るのやめた]
ハリウッド式 恋のから騒ぎ
ハサミを持って突っ走る
アリス・イン・ワンダーランド






*****




以上、偉そうなことを言いました。僕は楽しいです。

偉そうなこと言いやがって、お前何者なんだよ、一体。

僕は単なる埼玉県民です。






褒めるという行為自体が「上に立つ」行為らしいので、、
もうしょうがない。。すいません。。







*****




この一年、映画をたくさん観た結果、
「映画を楽しく見る方法」は「期待しないこと」だと結論が出ました。

だから、映画って絶賛してオススメしたら、もうその時点でかなりの確率でダメなんですよね〜〜。

だから「ラース」とかねえ、絶対気に入ってもらえないんですよね〜。

残念。そして、申し訳ないです。




****



リンク貼るの大変だった。。
途中で断念。。

12月17日

書くかどうか迷ったんですけど
書く意味はあるだろうと思ったので
書いてみます。



先月の下旬、黒いスーツに黒いネクタイをして新幹線に乗って
2歳下の親戚に最後の挨拶をしに行ってきました。


 母からの電話で
「事故でも病気でもない」と 聞いた時は絶句して二の句が告げず、
それ以降はずっと大きな鉛が腹の底に溜まっているような気分でいました。


おじさんおばさんがどれくらい辛いのだろうかと思うとやりきれなくて
僕自身一体何を思っていいのか、決着というか、落としどころが何一つなくて
楽しいものを観たり、楽しいことをしたりすると、よぎり、
琴線に触れてくるようなものを見聞きすると、涙が出て
たまに、ほんとうに分けがわからないのに涙が出て来て、びっくりしたりします。


以前から
年間3万人いるというのはニュースで知っていたし、
そうするとその周りの親族・友人など数十万人くらいの人たちが
重い闇を持ちながら毎日普通に暮らしているのかと思うと
なんて辛いことだろうか、と思っていましたが、
いざ自分が同じ立場に立つと、まあ、やりきれないですね。。。




***




今から6、7年前は今よりももっと世の中には閉塞感があって(僕が麻痺しているだけかもしれませんが)
「こんなに暗く世知辛い世の中に何か新しいモノを作り出すなら
“明るいもの”であるべきだ」
という考えが僕にはあって
それで、自分の中にはそんなになかった“明るいもの”をイラストにして
イラストレーターという仕事を始めました。


不思議なもので明るいものを描いていると
自分自身が前向きにポジティブになってきたんですけど、
同時に、この「明るい健全さ」は、闇を持って生きている人にとっては「うざい」ものかもしれないとも思い始めました。




明るく健全な生き方こそが正しくて幸福である、というメッセージは
そうではない人にとっては腹立たしく怒りさえ覚えるかも知れないし、
腹を立てる元気もない人はさらにどんよりするだけかも知れないです。

だから、
その心の闇に寄り添ってくれるようなモノの必要性もいまはものすごく感じています。

退廃的だったり、血が流れてたり、包帯巻かれてたり、
内臓がこぼれていたりするようなキャラクターが
この世に存在して、常に新しく作られることによって
 「こういうものが好きな自分」ってのを肯定して愛せるのでしょう。


 僕はキャラクターグッズというものに全く興味がないので
それを収集する気持ちがわからないのですが
「自分自身のある一部分を具現化して一般化して、自分を肯定するため」だと思っているのですが、どうでしょう。




***


つまり、
大げさだし、悲劇の主人公ぶっているようでイヤなんですが
もしかしたら僕自身が年間3万人の遠因になっているんじゃないかと思っています。
今回の件がなくても前々からこういう風には考えていました。

そうでなくても今回の件に関しては、もしかしたらを思うところがあるので
ちょっと辛いのですが。



***



僕自身、会社勤めをしていたとき、イジメっぽい感じで追いつめられて
窓から飛び降りようと思ったことがありましたが
友達に(結果的に)止めてもらえたから、いまこうして偶然生きているだけで、
ボーダーラインにいたことはあったし、

そのあとも鬱っぽい状態になって会社を辞めてますので
「心の闇」と言うことで言えば、僕も体験をしています。


だから、先月僕が最後の挨拶をした親戚の男の子と僕は何にも変わらない。
全くおんなじで、なにか少しのことで、僕はこうしているだけなんです。



***



今回の件に関してこれからどう思って生きて行けばいいのか、
 さすがにまだ何にもわかりませんが、

もし彼がたまに僕のところに来てくれて
僕が描いているイラストを楽しんで見てくれたり、
たまに大きな仕事をした時には自分のこととして喜んでくれるように
がんばりたいな〜と思っています。

12月16日 いろんな人がいて いろんなことを言うよ







「ああしてあいつはゴッホになった」展がそろそろ終わるから
観に行かないとなあ。
でも相当混んでるらしいからな〜。

12月15日 星は見てるだけがいい 誰も取りにいっちゃだめよ

「17歳の肖像」観ました。
すごくいい。

「ライフ・イズ・ミラクル」観ました。
とてもいい。動物かわいい。


「SHORTBUS」観ました。
思った以上にキチンとした映画。素晴らしい。


「ジョーズ」観ました。
ビクッ!ってなった。こわい。


「イングロリアス・バスターズ」観ました。
面白い。導入の緊迫感すごい。


「 ディパーテッド」観ました。
マーク・ウォルバーグとヴェラ・ファーミガがよかった。(両方脇役)



「 ボーイズ・ドント・クライ」
観ました。
いつボクシングし始めるんだろう、と思いながら観てたけどそれは違う映画だった。(ミリオンダラー・ベイビー)



「フロスト×ニクソン」観ました。
面白い。






















***


たまに分けもなく涙が出て、
「あぁ、ほんとに“分けもなく”出るんだな〜」と。

分けはあるだろうよと思っていたけど
分けがわからないんですよ。
まだ何も分けられてない。

一体、どれほど辛いのだろうかと思うと、手が止まっちゃいます。