7月25日 8月3日から

あらためてお知らせです。
8月3日から経堂でグループ展やります。
 タイトルは「夏の芝生 するもの」。

経堂のカフェギャラリー「芝生」にて
8月3日から8月26日まで開催されます。
(毎週水、木曜定休日/お盆(8月14日-16日)も休み)

時間は
平日は13:00-21:00
土日と展示最終日は13:00-19:00です。



10人がそれぞれスクリーン印刷を用いまして、
デザインやらイラストやらの表現をいたしますよ。

いろんなものが所狭しと並ぶと思います。
お買い求めになることもできるので、
家に持ち帰って楽しんでみたり、プレゼント用にしてみたりしてくださいな。




*****



僕は丸二日(デザイン時間含まず)を費やして制作いたしました。

はじめての作業ばかりだったので
不安だらけで作業にとりかかるまではとにかく憂鬱でした。。

数々の失敗をいたしまして、いろいろなものを無駄にしましたが、
うまく刷れたときはとても爽快な気分になりました。

イラストも気分がスカっとするようなものにしましたので
芝生で現物見てみてください。



*****



ギャラリーの芝生に在廊する日程はとくに決めませんが、
前もって連絡いただければギャラリーにいるようにしますし、 
芝生と僕の家はけっこう近いので
ご連絡いただければ自転車でチャリチャリッとギャラリーに顔を出すこともできます(そのとき仕事や用事がなければですが…)。







7月19日 アンジェリカ・ヒューストン × 4

おとなのけんか観ました。
上手な4人ですから見ごたえありましたよ。
原作が戯曲だからなのかちょっと芝居が大きいような気もしましたが
シチュエーションコメディだしこれくらいのほうがたっぷり感はでるのかな。











*****


宇宙人ポール観ました。
面白かったっす。
宇宙人のポールは後でCG合成されたはずなのに、すごく自然でした。
CG合成されるキャラクターと演技すると役者さんの目がとまっちゃってる場合も多いのに、そんな感じは全然ないからポールの存在感がリアルでした。
 
スー先生もチョイ役で出てました。
















****


人生、ここにあり!観ました。 
実話ベースだし、いい話だし、いい話をいい話として描きたいのはわかるけど
それにしてもちょっと軽すぎるかな。
(最後にビックリすることはあるけれども)

「精神障害があっても喜怒哀楽はあるし、人生には涙も笑いも恋愛も仕事もいっぱい!」ってことを描いているんだろうけど、そんなの人間だったら当たり前のことであって、その部分で「わ〜そうなんだ〜。精神障害でも人生あるんだ〜」と感動するならばそれはちょっと今まで無知すぎたんじゃないですかね。

この映画が悪いんじゃなくてこういう映画が必要とされている状況が良くないのかな。

そろそろ次の段階のコメディーが見たいな。














****



50/50観ました。
こちらは打って変わって、軽さがいいですね。

がん告知された主人公の冷静さが看病する側にとってとてもありがたいものでして
この冷静さは映画的なフィクションではあるけれど
これがあるからこそ、まさにガン告知の「次の段階」を描けたんじゃないかなと思います。

出演者がみんなよかったけど、とくにアンジェリカ・ヒューストンが弱々しくてよかったです。

このお母さん役の人アンジェリカ・ヒューストンに顔が似てるけど
こんなに薄いわけないよな、アンジェリカ・ヒューストンが。
と思って観たあとに調べてみたらアンジェリカ・ヒューストンだった。
アンジェリカ・ヒューストンってこんなにも薄くなれるのかすげえな。







7月18日 ついにこの日が来た

グッズが販売開始になりましたよ。

いままでもグッズは発売されていましたが、
リニューアル後の新商品はこれが初めてです。

つまり、僕がデザイン担当するようになってからの初めてのグッズです。

自分が担当したキャラクターのグッズが出ること自体はじめてですので、
僕個人としましては大変おめでたいのです。

7月13日 本は難しい

湊かなえの「贖罪」読みました。

いつも通り性格の悪さ炸裂でしたが、
こんなに長々と自分が思ってることを理路整然としかも誰にも口を挟ませずに一方的に語れたら気持ちいいだろうなあと思いました。
読みやすいしミステリーとしても面白かったです。


*****



三谷幸喜の「清須会議」読みました。

織田信長が本能寺で焼け死ぬシーンから始まりまして、
最初のセリフ、信長の「熱いな。」ってところから「コメディーが始まるんだな」と思って期待もするし実際楽しいんですけど。

一日二日でバッと読めるなら冒頭の面白さとか、途中途中のセリフの面白さで全体的に面白かった!ってことになりそうですけど、どうも眠くなっちゃうし放置したりして、結局読みきるまでに2週間くらいかかりました。


三谷幸喜はやっぱ舞台や映像の人だから、2,3時間の表現の人なんだと思います。

この「清須会議」を2時間で見せられたら面白い!って思うことでしょう。

ということで、すでに映画化が決定しているのでそちらを楽しみに。



*****



三浦しをんの「舟を編む」 、がんばったんですけど途中で読むのやめました。
キャラクターやセリフがとても漫画っぽくってちょっと苦手で、物語に入り込めませんでした。


面白さがわからないぞ…と思いながらも最後まで読みきれる体力と集中力がないです、僕は。
映画ならとにかく2時間で終わるんで、なんとかがんばれるんですが。



7月12日 いいキリン

螢雪時代8月号にイラスト描かせていただきました。

なかなかいいキリンです。


















******




Tシャツのスクリーン印刷用の消耗品など総額5000円ほどのものを
電車の物置(?)に置き忘れてしまいました。

翌朝、小田急に電話したら、「あ〜、世界堂の袋の!」ってことですぐ見つかりまして、
相武台駅まで取りに行きました。

忘れ物を取りに行く際の電車賃は無料なんですよ。
小田急だけかもしんないけど。
ありがたいサービスです。

それにしても相武台駅くらいでよかったです。
ウチから30分ほどでしたから。

小田原とか片瀬江ノ島とかだったら、日帰り旅行になってしまうところでした。

7月11日 都会の落とし穴

スーパーでサーモン買いました。

「生」ってシールが貼ってありましたので
昼に刺身にして食べました。

夕方頃からお腹の調子が悪くなりまして、
翌日からは熱も出始めました。

あ〜これが食中毒かあと思いました。

「生」ってのは「生で食べてもいいよ」って意味じゃないんですね。知りませんでした。

3日で自然治癒しましたが。




****



それとは無関係にこの一ヶ月で3キロ痩せました。

「低炭水化物ダイエット」と「野菜先食べダイエット」と「ジムちゃんと行くダイエット」です。

炭水化物を抜くと(と言っても一日一食炭水化物を抜くだけ)ホントに面白いくらい体重が落ちていきましたが、体組成計で測ってみるとただただ筋肉が落ちているだけで脂肪が全然減っていないことがわかったので、筋トレも頑張ることにしましたし、こんな記事も出てきたので、やり過ぎには注意します。

そろそろ 「低炭水化物ダイエット」はやめて、「野菜先食べダイエット」と「ジムちゃんと行くダイエット」は継続していこうかと。



7月8日 夏の芝生 するもの

夏の芝生 するものに参加いたします。


夏の芝生 するもの」とは
経堂のカフェギャラリー「芝生」にて
8月3日から8月26日まで開催される
(毎週水、木曜定休日/お盆(8月14日-16日)も休み)
シルクスクリーンによるグッズ展のことです。

時間は
平日は13:00-21:00
土日と展示最終日は13:00-19:00です。

いまのところ僕はTシャツを3種類くらい出しそうな状態です。

シルクスクリーンは初めてなのでうまくいくのか心配でなりません。

デザインはすでに出来上がっていてけっこう気に入っています。

7月6日 櫻の園

7月4日に三谷幸喜演出の「櫻の園」観てきましたよ。

念願の三谷幸喜の舞台でございます。
3年くらいチケット獲れなかったのですが、ついにゲットできましたよ。

平日の昼間だったからなのか
原作がロシア文学のチェーホフだからなのか
客の年齢層が高かったぜぇ〜。

客席には徹子もいました。徹子黒柳。
こんなところでチクるのもなんですけど、徹子寝てましたよ、上演中。

ていうか、寝てる人多かったですよ。
隣の席も前の席もガクンガクンビクンビクンしてました。
こんなにも寝るものなのかとびっくりしました。


俳優さんたちが目の前で、しかも音楽も生ピアノで、あぶなっかしいところなんて一切ないから、安心して別世界に没頭させてもらえました。

7月3日 プソン

プレイ-獲物-」観ましたよ。
絶賛上映中のフランス製のミステリースリラーアクション映画ですよ。

もし観る気があるなら予告編は観ないほうがいいですよ。
その方が絶対楽しめるから!!
僕は観なかったからとても楽しみましたよ。
(だって予告編見たら犯人わかっちゃうんだもん)

いやあ、面白かった〜。
100分間ずっと面白かった!

あと、映像がすごく鮮明だな〜と思っていたらデジタル上映でした。















******




そして、その足で「JUN OSON展 FRIENDS」を観に行ってきました。
宇宙人とか幽霊とかと友達になる未来の様子が描かれていますよ。

生で見ると筆跡とか絵の具の盛り上がりとかポップでコミカルな作風の中に熱いクリエーター魂を感じることができて楽しいですよ。

タンブリンギャラリーで8日までやっているので
青山でジャガーを買うついでにぜひ観に行ってください。



******



強い雨の中を歩いてましたら、

ふと横を見ると、広場で雨の中全力でサッカーをしている小学生たちがいまして
「うわあ」って思いまして、

 で、前を見てみたら、(おそらく)私立高校の2年生の男女が手をぎゅっと握りながら相合傘で歩いていまして
それを見てまた「うわわあ」って思いました。


 確実に自分が失ったものを目の当たりにしたような気がして、心が震えました。