上半期93本

上半期で93本観てました。ちゃんと数えたら。
ちょっとやっぱ気持ち悪いですね。

オススメの10本。順不同です。

ムーンライト マンチェスター・バイ・ザ・シー  ドリーム  ひつじ村の兄弟  ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!




****

93本(下から見た順で並んでます)

それぞれの感想はこちら


素晴らしきかな、人生
20センチュリー・ウーマン
容疑者Xの献身
フェア・ゲーム
海底 47m
コンカッション
アナと雪の女王/エルサのサプライズ
愛犬とごちそう
ミッキーのミニー救出大作戦
紙ひこうき

ラプンツェルのウェディング
ネッシーのなみだ
ウェイン&ラニー クリスマスを守れ!
小さな時計
グーフィーのホームシアター
マッチ売りの少女
キングコング対ゴジラ
ゴジラ(1954年)
ロレンゾ ジョン・ヘンリー
ドリーム 

スーサイド・スクワッド
ありがとう、トニ・エルドマン
セールスマン
ソウルガールズ
メッセージ
夜に生きる 
ジュラシック・ワールド
ひつじ村の兄弟 
リップヴァンウィンクルの花嫁
素敵な遺産相続

マジカル・ガール
夜空はいつでも最高密度の青色だ
ザ・コンサルタント 
インナー・ワーキング
モアナと伝説の海
NO
FRANK ーフランクー
SHAME シェイム
フューリー
モーガン

プロトタイプ L-9
ジャンゴ 繋がれざる者
二ツ星の料理人
しあわせな人生の選択 
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
キャビン・イン・ザ・ウッズ
ベル ある伯爵令嬢の恋
黄金のアデーレ 名画の帰還
シュガーマン 奇跡に愛された男
パプリカ

葛城事件
素敵なサプライズ
ブリュッセルの奇妙な代理店
ラスト、コーション
マンチェスター・バイ・ザ・シー 
アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち
キングコング:髑髏島の巨神
レヴェナント:蘇えりし者
SAINT LAURENT/サンローラン
ハドソン川の奇跡

ブリッジ・オブ・スパイ
サウルの息子 
オデッセイ
オートマタ
サラエヴォの銃声
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
エルミタージュ美術館 美を守る宮殿
俳優 亀岡拓次
ロング・トレイル!
マネー・ショート 華麗なる大逆転

シング・ストリート 未来へのうた
愚行録
孤独のススメ
フライトナイト/恐怖の夜
彼らが本気で編むときは、
ラ・ラ・ランド
家族はつらいよ
ヤング・アダルト・ニューヨーク
最高の花婿
団地妻 昼下りの情事

日本で一番悪い奴ら
ムーンライト
ヨーヨー・マと旅するシルクロード
フレンチ・ラン
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!
さざなみ
神様メール
THE NET 網に囚われた男

マネーモンスター
ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE
ボーダーライン

それぞれの感想はこちら


****


フィルマガ連載記事も6本になりました。
月2ってのはなかなか大変です。。

『素晴らしきかな、人生』
『ザ・コンサルタント』
『ラースと、その彼女』
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
「ビフォア」シリーズ三部作
『好きにならずにいられない』




特集記事『素晴らしきかな、人生』

誰にとっても心に響くメッセージを伝えてくれるこの『素晴らしきかな、人生』を、今回はイラストで紹介したいと思います!
ウィル・スミス演じる主人公ハワードは、広告代理店の社長。
かつての彼はとても明るく、巧みな言葉遣いで社員の士気を高め、クライアントにも人望のあついカリスマ社長でした。
ところが、6歳の愛娘を病気で亡くしてからというもの、仲の良かった奥さんとも離婚をして、ずっとふさぎ込んでしまっている状態です。

→続きは、こちらで。お願いいたします。












フィルマガ特集記事『素晴らしきかな、人生』