仕事頑張りすぎてない?勤労感謝の日にこそ観たい“働く“を考える映画7選



https://filmaga.filmarks.com/articles/2386/
仕事頑張りすぎてない?勤労感謝の日にこそ観たい“働く“を考える映画7選

#何者 #シン・ゴジラ #カーズクロスロード #女神の見えざる手 #あん #シェフ三ツ星フードトラック始めました

映画『体操しようよ』

上映中『体操しようよ』
監督:菊地健雄
草刈正雄 和久井映見 木村文乃 きたろう 渡辺大知

四コマ映画『体操しようよ』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2156

***

観るリストから外してるでしょ?

個人的2017年邦画1位『ハローグッバイ』の菊地健雄監督作でなければ僕も劇場で見ることはなかったでしょう。。
まさか何度も泣かされるとは。。

ラジオ体操ってのはつまり何なんだ、という掘り下げができているから映画に強い核心がある。

***

2〜30年前の邦画コメディの良い匂いはするんだけど、演出はクール。

前半ではポロポロとピアノ曲が入ってくるけど、終盤では泣かせるシーンほど音楽ナシ。

***

終盤に大団円があって普通の映画だったらそこで終わるんだろうけど、この映画は終わらない。その先を描く。

その先ってのは「生と死ギリギリの孤独」。。
死ぬのかってくらいに真っ暗。。
で、まさかの無音。耳キーンなるくらいの無音。恐怖ですよ。。

で、そこからラジオ体操のあの音楽。
つまりはあの歌詞へと繋がるわけですね。。
これがこの映画のテーマなわけです。

***

登場人物が多いのですが、背景が描かれているのは4人だけ(たぶん)。

この4人の描き方が十分だし、
ラジオ体操に集まる人たちそれぞれに背景があることは伝わる。
だって山田真歩がいるんだもん。

会長だって絶対人に言えないような過去があるはずなんだけど、それをくどくど描かない。

そんなことしなくても伝わる仕組みになってるし、
ひとりひとりに踏み込んでいかずにギリギリ名前知ってる程度の人たちが集まるのがラジオ体操である、と。

***

ラジオ体操ってものすごく日常的なもののイメージがあったけど、だいぶ非日常なんですね。

相当な理由がないとやらないもん、いい大人が。
毎朝早く起きておんなじ音楽聞いておんなじフリで一斉に動くなんて奇怪ですよね、考えてみれば。

それがなぜ必要なのか。
健康のためってのはあるけど、あの歌詞ですわな。。

四コマ映画『体操しようよ』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2156





ホラー映画『クワイエット・プレイス』

四コマ映画『クワイット・プレイス』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2153 

登場人物と観客がそれぞれ〝知っている〟〝知らない〟のパターンが上手く使われているのです。

***

アイデアの洪水!
ドンドコドンドコ次から次へと「なるほど!そうくるか!」「なるほど!そうくるか!」の応酬。

***

観客よりも登場人物の方がこの状況について詳しいので、
登場人物が先回りして対策をしている事自体で観客はこの状況について知っていく。

セリフは極限まで少なく映像で説明するってのは「まさに映画の仕事」!

観客と登場人物が同時に「知る」「体験する」瞬間も多くて、
それはより緊迫感が増す。
誰も対策を取っていないわけだからね。

そして最後のパターン、
観客だけが知っていて登場人物たちが知らないことが途中で起きる。
それがとても大きなキーになるわけです。

これについては言いたいことがあるので、コメント欄に(怒)!


*****


演技賞あげようよ。
アンサンブルでもいいよ。
娘にも助演賞やろうよ。
エミリーブラントに主演女優賞あげられませんか?

ゴールデングローブ賞の候補くらいだったらどうかな?

だってすごかったじゃん。。


***


パパが顔から何から死ぬほどカッコ良かったですね。
そこも素晴らしい点です。

が、
これ韓国がリメイクしたら絶対パパはクズからスタートだね。
クズだったのが事件を経てどんどんカッコよくなっていく、と。
(韓国パニック映画あるある)
韓国版もやって欲しい。


*****


アレの造形が素晴らしい。

低予算映画らしいんだけど、嘘だろと。
アレの造形をあんなに素晴らしく出来るなんて。。

逃げることもできたけど
もんんのすごく大事なポイントであるってことをわかっていて
ちゃんと力入れて、結果的に素晴らしく出来るなんて、さすがアメリカ。。


四コマ映画『クワイット・プレイス』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2153 





【ネタバレ】映画『寝ても覚めても』

麦が再び現れて朝子がサッとついていく。
そして亮平のもとへと帰る。
ここが小説だとなんか説明あるかと思って期待したけど、朝子がたしかにその都度なんか喋ってんだけどイマイチ意味がわからない。。
結局映画の印象と変わらない。だから映画が凄いなとも思います。

豊崎さんの解説を読むと、ま、どうやらセックスのない性欲の話らしいですね。
麦とは性欲、亮平とは愛・結婚、ですかね。
『イット・フォローズ』のソレの意味のようにわかっちゃうと「まぁそうか…」と思って、わからないままの方が魅力的だったかなと思うわけですが。
ま、違うかも知んないし。

***



小説は東日本大震災前だったのでその描写はないですが、地震の描写自体は何度かありましたね。


映画版では、朝子は「間違ってはいないことをしたかった」ってことで毎週のように東北まで車でボランティアしに行ってた。亮平と一緒に。

で、麦と朝子が車で逃げた先は仙台。
麦は「海が見たい」っつって仙台の海岸まで車を走らせたけど、海が見えない。高い堤防ができてるから。

「海見えない。こんな堤防できちゃって…」と麦。
「え?知らないの?ここで何があったか、知らないの?」と朝子。

麦は東日本大震災に興味がなかった。いくらその時日本にいなくても情報は入ってきただろうけど、興味がないから記憶にない。仙台の海で何が起きたか。

柴崎さん曰く「麦は宇宙人で地球にきたばかりで人間の感情を学んでいる最中」とのこと。

***


そんなことよりですよ。
小説のラストのポパイ刺青黄色自転車男!

小説のラスト、緑道で朝子と亮平と千花との対決があるわけですが。
途中突然、黄色い自転車に乗ったポパイの刺青入れた坊主男が割って入ってくるんです。口笛吹きながら。
完全に三人の間で止まったわけです。

でもこの三人はポパイを無視。存在に気づいてる描写もない。
普通に喧嘩続けるわけです。
こんなこと地球上では起きませんよ。。

で、千花は「いこう、げんちゃん!」っつってポパイの自転車の後ろに乗って去っていく。

去っていく千花について朝子も亮平もリアクションなく会話を続けてから4ページ目で小説完結。

何これ。。怖い。。

きっと朝子が千花を消したんですね。邪魔だから。
だからポパイを作り出して、千花をこの場から消し去った。
もう怖くて。。この存在しないポパイが。。

そういえば朝子は混乱すると嘘言うんですよ。突然起こり得ないことを言う。読者に。
どうも読みにくいなこの本と思ってたけど、豊崎さの解説に朝子のことを「信頼できない語り部」と説明してたから、多分そう。

柴崎さん自身も朝子は宇宙人だと書いてる。

いやぁもう『寝ても覚めても』やばいよ。。

で、この異常な原作に手を加えて同じような味わいに仕立てた映画もやはり凄いのさ。。。。

映画『寝ても覚めても』

映画『寝ても覚めても』(2018)
キャスト
東出昌大
唐田えりか
瀬戸康史

監督/濱口竜介
原作/柴崎友香

四コマ映画『寝ても覚めても』https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2150

だいぶ前に見たんですけど、全然書きたいことがまとまらなくて。。
とりあえず個人的には今んとこ2018年の邦画1位。だし、事実1位だと思います。

****

あまりにも『寝ても覚めても』に心囚われてしまいまして、普段そんなに読まない小説を読みました。
原作小説『寝ても覚めても』。

主人公朝子の気持ちの変化を知りたくて。

小説読んでみると、一番大きな違いは朝子が自分の気持ちをバンバン喋っていること。
ネタバレになるから書きませんけども。。

あと、刊行された時期からして〝東日本大震災〟が入っていない。
登場人物も多い。

大筋は同じだけどちょっと展開が違ったり。
まさかみんな大集合したレストランのシーンが映画オリジナルとは。。

この原作小説ってほとんど映像化不可能なのに、これを小説と同じくらいの破壊力のある怪作として映画化するって本当にすごいと思います。。

この映画にハマった人は小説も読んでみてほしい。小説もまたイっちゃってるから。。

***

サイコパス俳優として活躍めざましい東出昌大ですが、さすがです。
そして普通の人間も演じられていたのでそろそろもう抑えきれない大俳優へと変貌するでしょう。

唐田えりかがCMでやる気ないイメージがあったんですが、いや、そのままなんだけど完全にこちらもサイコパス。
でもどれもリアルな人間なんですよねえ。。

瀬戸康史は甘いルックスがむしろマイナスに作用してる俳優さんなんだろうなと思っていたけど、やはりすごい人でしたね。
東出昌大の常人ならざるスタイルの良さを、同じスタイルの瀬戸康史を隣に立たせることでパッと見の宇宙人感を消せる、というすごいアイデア。

*****

映画と小説のネタバレはコチラ→https://filmarks.com/movies/75124/reviews/57333393

【完全ネタバレ】映画『search/サーチ』あらすじ

【完全ネタバレ】映画『search/サーチ』あらすじ

いやぁ面白かったですね!

つまりは親対決だったんですね。
息子を守りたい母 VS 娘を探したい父。

そういえば刑事(母)がどんどん憔悴していってたんですよ。
でも僕はただ「この知らない女優さん、演技くさいなぁ。やりすぎ。。」としか思ってなかった。。

演技が下手だったんじゃなくてうまかったんですね。。まさかですよ、あの人が犯人とは(犯人は息子か)。。

****

まずは「弟が犯人か!」と思わせて、違って
「婦女暴行事件だったのか!つまらないオチだなぁ!??」と思ってたら、それも違って
「あのウェイトレスが!」ってのも違って
ほとんど話の中でしか出てこなかった刑事の息子が犯人でございました。
最も悪いのはその母親だが。。

****

四コマ映画『search/サーチ』👉https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2148

****

刑事の息子は同じ学校(?)のマーゴットのことが好き。
息子はせめてネット上でお近づきになりたくて、素材写真モデルの画像を使って別アカ(ハンナ)を作りまして、マーゴットに接近。
「ガン治療にお金がかかるの」とか嘘ついてたらマーゴットはそれを信じて、
ピアノ教室やめて月謝をずっとためて20万円くらいをハンナ(息子)に送金してしまった。

息子も悪い人間じゃないから「正直に話そう」と思っていました、と。

その夜、娘マーゴットは、お泊まり勉強会だと嘘をついてマリファナ(?)をやりに近所の湖まで行きました。

「学校で正体をバラすとマーゴットが暴れるかもしれないから(母親談)」ってことで息子は、湖に向かうマーゴットを車で尾行。

正直に全部話したらマーゴットは怒って暴れた。
戦いの末、マーゴットは崖の底に落ちてしまった。ものすごい崖でしたね。あんなとこでケンカする高校生はいませんね、夜中だし。

で、息子は刑事である母に相談。「人殺しちゃったっぽい」と。
「大丈夫、私がもみ消すから。マーゴットは自ら何処かへ逃げたことにするわ!」と。

警察の上司に「すみません、私この事件やりますんで」と志願。
マーゴットのパパには「任命されまして…」と嘘を。

刑事はずっとパパを監視&管理していたんですね。
マーゴットが事件に巻き込まれたことがバレないように。

でも、高ネットスキルパパは意外と事件の真相に近づくもんだから
昔自分が逮捕して更生させた元犯罪者のおじさんに麻薬を打って「自分がマーゴットを殺した」と自白させてさらに自殺と見せかけて銃殺。(ひどいね、刑事。。)

パパはマーゴットが死んだと思ったので、葬儀屋のwebを開いた。
そしたらその葬儀屋のモデルとしてハンナが登場。
娘の唯一の友人で自分をウェイトレスだと言っていた女。

どういうこと?と思っていたら、この女性は素材写真のモデルさんでした。
マーゴットと全く関係のない人でした。

で、娘を殺して自殺した男の写真をもう一回見てみたら、どっかで見たことあるぞこの顔。
刑事が元犯罪者の更生支援をしてる記事の中に犯人(とされた)男がいた!
つまり刑事とこの男は繋がっていた!

パパは刑事を疑う。マーゴットの葬儀に参列していた刑事を逮捕。
取調室へ。
全てを告白。「息子は他の子供と少し違うの。全ては息子のためよ」と。

事件発生から5日目。崖の底に落ちて水も飲んでいない状態で死んでいるに決まってる、と言われるが
「月曜日は嵐だった!水がないのは2日間だけだ!」ってことに気づきまして
崖の底を捜索。
めでたくマーゴット救出。

マーゴットはピアノ教室再開。
受験の合否を知るためにwebページをリロードを繰り返すマーゴット。

パパはチャットで
「I’m proud of you」
ちょっとためらってから
「Mom would be too.」
で観客号泣。
THE END!お見事!

****

四コマ映画『search/サーチ』👉https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2148

全編PC画面映画『search/サーチ』

映画『search/サーチ』
監督:アニーシュ・チャガンティ
主演:ジョン・チョウ
公開:2018年10月
上映時間:102分

https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2148

面白い!
でもこれ結構ネタバレ厳禁案件ですよね。
僕観る前にネタバレ踏んじゃって、てか誰かがインスタで感想書いてるののコメントでネタバレ書いてる人がいて「おいおいおい」と。

でもまぁ観てたら引き込まれてそんなことも忘れて楽しみましたが。

****

PC画面のみ、ということですけどいろんな工夫があるので絵的なつまらなさは皆無。

PC画面だから写っていないところがあることも不自然じゃないし、車での移動の表現とか笑えるし。

****

パパ役のジョン・チョウがいい。
情けない感じの雰囲気もあるけど、怒ると何しでかすのかわかんない不穏な空気もある。

あとはほとんど無名の俳優さんだという点も今回は功を奏しましたね。

いや、これはかなりのネタバレ案件なのでこれ以上何も書けん。

『バッドジーニアス』といい『search/サーチ』いい『クレイジー・リッチ』といい『カメラを止めるな』といい。
アジア勢頑張ってるなぁ。
  ↓
『search/サーチ』




11月1日2日は「死者の日」祭り。ハロウィンとの違いは?

11月1日と2日は『死者の日』というお祭りです。
ハロウィンと連続しているので同化し始めていますが、ハロウィンとの違いや、関連映画を紹介しています。
   ↓ ↓ ↓
https://filmaga.filmarks.com/articles/2318

●ピクサー『 #リメンバー・ミー』
●ギレルモ・デル・トロ 製作『#ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~』
● セルゲイ・M・エイゼンシュテイン監督『#メキシコ万歳』(1931.1979)

僕は多分『メキシコ万歳』をベジェ曲線で描いた日本で3人目の人間だと思います
   ↓ ↓ ↓
https://filmaga.filmarks.com/articles/2318