11月4日 カタカナ

飲み屋で隣になったカナダ人の方が
映画のプロデューサーとかやったりカンヌのアジアの批評家週間の作品のなんかのなにかをしている人だということがわかったので、
(英語オンリーだったのでなんとなくですが)

「アイ ウォッチド ワンハンドレット フィフティーエイト ムービーズ ラストイヤー」

と言ってみたら、
「Really ?」なんつってそこから


黒沢清知ってるかとか青山真治知ってるかとか言われたり
エリ・エリ・レマ・サバクタニは映画館で観たけど最悪だったとか
トウキョウソナタがどうとかラースとその彼女がベストムビーだとか言ってみたり
トニー滝谷観たかと言われて映画館でも観たしDVDも持ってるよ!と言ってみたりと
映画談義をしましたよ。

面白い映画かどうかは最初の40分でわかるって言ってましたよ。
40分って言うのがリアルな数字だなと思いました。


とは言っても僕はホントに英語話せませんから
一緒にいた英語ペラペラの友達に通訳してもらって、なんとかかんとか楽しく会話させてもらいました。


なんか去年いっぱい映画を見たことがむくわれた一日でした。





*****




「ソーシャルネットワーク」観ました。
エンディングがかわいくていいですね。



「ヤコブへの手紙」観ました。

3人しか出てこないし、
「フィンランドの雄大な自然!」みたいな宣伝文句があったけどそれを推してる撮り方でもないと思うし、
ストーリー的にもビックリ仰天ってことはないんですが、
とにかく3人の顔がとてもよかったです。
ドラマチックな顔顔顔。
75分だし。いいよ。





*****





Rerootsさん。
なるほどこれからの時期、外での作業にはホッカイロが重宝されそうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿