12月20日 大人力

先日、友達の結婚式に出席しまして、
披露宴で「ホントにガチ」で各テーブルごとに1人が新郎新婦から突然指名を受けてスピーチするという罰ゲーム、挨拶コーナーが始まりました。


「我こそはという方は挙手を!」という美人司会者の声に合わせて
隣の席の友達の腕をつかんで挙手させようとしたりして遊んでいたんですが、
(すっごい力で拒まれた…)

もしかしたら自分が指名されるかもしれないという恐怖がやってきて
頭を回転させて、新婦のいいエピソードをひねりだそうと思うんですけど
むしろ新婦の人格をおとしめるようなエピソードしか出てこない……。


やばいやばいと思っていましたら
結局新婦は僕のテーブルでは他の方を指名して、
その方は、突然の指名に驚きながらも完璧なるスピーチをしていました。

他のテーブルでも指名された方はびっくりするくらいにスピーチがうまかったです。

実は事前に打ち合わせがあった、という感じはほんとに全然ないのに、
「大人ってすげえな…」と思いましたよ。。


そういえば、
自分がもしも高砂席に座っていてスピーチする人を指名しなきゃいけないとしたらそりゃあ自分を指名するわけねえよと思いました。




緊張してた自分が恥ずかしかったです、というエピソード。

2 件のコメント:

  1. うはははっ。や〜ほんと列席者のみなさんからしたら恐ろしいコーナーを設けちゃってスミマセーン。ね!ほんとに当日あの瞬間に決めてお願いしたというのに皆さん素晴らしかったねー。感謝だわー。逆だったらムリだわー。あはは。

    返信削除
  2. ●ヤベカヨ
    「最悪、歌うしかない」と思ってたからオレを指名してくて正解だったよ♪

    返信削除