2016年3月29日 『ハロルドが笑う その日まで』のコメントチラシ

映画『ハロルドが笑う その日まで』のコメントチラシ(A4二つ折り冊子)の表紙イラスト担当いたしました。
嬉しい。

すでにこの映画のポスターで家具のイラストを描かせていただいて、十分幸福だと思っていましたが、
心の片隅に「人物も描きたいなぁ」という心の中のツイートがありました。
人間って欲深くてイヤですね。
※静物が得意なイラストレーターさんならこんなこと思わないのでしょうけど。

そんな折り、コメントチラシで物語の流れをイラスト化してもらえますかと神様(デザイナーさん)からの御言葉!

夢かもしれないと頬をつねってつねるだけじゃ事足りず肉を引きちぎったので頬に穴がポッカリ開いて外からでも歯が見える状態です(ウソ)。






このコメントチラシでは、竹中直人さん、辛酸なめ子さん、川上麻衣子さん、なかむらるみさん(おじさん図鑑著者)、たかのてるこさん(旅人)などのコメントと、全国の家具店さんからのコメントが掲載されています。

お得なキャンペーン情報も載ってますよ。

『ハロルドが笑う その日まで』は全国23館での上映が決まっていますが、比較的小規模な映画興行です。
それでも何度も何度も試写会やったり、印刷物作っていろんなとこに置いてもらったり、いろんなとこと組んでキャンペーンやったりと、映画上映するまでホント大変なんだなとということを知りました。
僕の知らないとこで動いてることもあるでしょうし。


****




4月16日からロードショー
http://harold.jp/

3月26日 四コマ映画『めぐり逢わせのお弁当 』




『スタンリーのお弁当箱』っていうインドのお弁当映画がすでにありますけど
どうもお弁当が美味しそうに見えなくて気分が乗りませんでした。

しかしこちらは大丈夫。
美味しそうなメニューを選んでいる感じだし撮影もきれい。

絵面や生活スタイルはインド風味たっぷりだけど
セリフや演出は薄味でおしゃれ。
制作にフランスとドイツが入ってるからかな。

ラストが特にいいですね。
ぐっときた。



めぐり逢わせのお弁当 公式サイト

四コマ映画「めぐり逢わせのお弁当 」

3月12日 『ハロルドが笑う その日まで』






今までずっと架空の映画ばっかり描いてきましたが、
まさか自分が本当の映画の仕事をする日が来るなんてどういうわけか1ミリも思っていませんでした。
それくらい映画ってのは憧れであり遠い遠い遠〜〜〜い話だったのが。

ちょうど経堂コメディ映画祭の一週間前に
知り合いのデザイナーさんから
この『ハロルドが笑う その日まで』のイラスト制作の依頼をいただくことができました。

個展の一週間前のゴタゴタのドロドロの時期でしたが
断れるわけねぇよなってことでお受けしました。


家具をテーマにした映画なので家具をたくさん描くことになり、
静物のみのイラストはあまり描く機会が少ないのでちょっと緊張しましたが、
イラストレーターとしてのすべての技術を込めて描きました(大げさ)。

おれの人生にこんなことが起きるのかってくらいに夢のような仕事でした。

後日、チケットを入手したら特典でクリアファイルも付いてきて
どちらにもバッチリイラスト入ってますして
これを見ながら酒を飲みましたよ。ちょっと泣きそうになりながら。
マスコミ試写で配布されるパンフレットの表紙なんか特にイラストメインじゃん!
(お客さん用のパンフレットはどうなるんでしょうかね〜。これに近い形で行くとは聞いておりますが〜。4月16日公開です。)



 



なんか夢のようだな嘘みたいだなと思って100%の幸せの中におりましたが、
自分としては人物や動物を描くイラストレーターだと思っているので
可能なら、可能ならば、可能であるのであれば、
人物も描くことができたら最高の最高の最高だななんて思ったりしちゃってたら
ここに来て、コメントチラシというものにこの映画のストーリーを表したイラストを描いて欲しいという追加依頼が来ました。

おれ死ぬんじゃないかと思ってたら
その翌々日ノロウィルスにやられて死にそうになりました(ほんとう)。



そのコメントチラシのイラストもそろそろ仕上げ作業です。
あ〜楽しみだ!



で、今日と明日(3月12日と13日)は

Nordic Lifestyle Marketx『ハロルドが笑う その日まで』スペシャルコラボ①
コースターに家具柄のハンコを押して、あなただけのオリジナル・コースターを作ろう 


 というイベントが青山の国連大学の中庭で開催されます。
北欧家具や雑貨のブースの中にハロルドのブースがあるのだろうと思います。

僕の家具のイラストがハンコになっていますよ。あ〜かわいい!
(ぜんぜん知りませんでしたけど)





このオリジナル・コースターを〔YEBISU GARDEN CINEMA〕及び〔横浜シネマ・ジャック&ベティ〕の窓口にご提示いただくと、当日一般料金より200円割引にて『ハロルドが笑う その日まで』をご鑑賞いただけます!
※本作品上映中、「YEBISU GARDEN CINEMA」「横浜シネマ・ジャック&ベティ」のみ有効 

※コースター1枚につき2名様まで有効 
※他の割引サービス及び割引券との併用は不可 
※オンライン予約での使用不可



これからぼくもハンコ押しに国連大学行ってきます。







******

『ハロルドが笑う その日まで(原題 Her er Harold)

劇場公開日 2016年4月16日

 

ポスター画像

IKEA 創業者の誘拐を決意した小さな家具店主が巻き起こす珍道中を描いた、ノルウェー製ヒューマンドラマ。ノルウェーの街で40年以上にわたって小さな家具店を 営み、クオリティの高い家具にこだわり続けてきたハロルド。ところがある日、店の目の前に家具販売チェーンIKEAの北欧最大店舗がオープンし、ハロルド の店は閉店に追い込まれてしまう。さらに愛する妻まで失い、怒りを募らせたハロルドは、IKEAの創業者カンプラードへの復讐を決意。カンプラードを誘拐 するためスウェーデンのエルムフルトを目指す。途中で知り合った孤独な少女エバも加わり、誘拐計画を実行に移すが……。主人公ハロルド役を演じるのは、ノ ルウェーを代表するベテラン俳優ビョルン・スンクェスト。

スタッフ 

監督/脚本 グンナル・ビケネ

キャスト ビョルン・スンクェスト,ビヨルン・グラナート,ファンニ・ケッテル




製作年 2014年
製作国 ノルウェー
配給 ミッドシップ

上映時間 88分




3月11日

今日はほとんど仕事がなかったこともあって
5年前のこの日のことを結局一日中考えてました。


震災のあと、多分ぼくは軽い震災鬱だったんだと思います。
ものすごく考えすぎて不安な状態だったと思います。
それを解消するためにいっっっっぱい考えてできる範囲でいろいろやってました。
多くの方に協力を頂きました。改めて本当に感謝です。ありがとうございました。

最初は迷いが強かったですが、
ぼくは幸いにも現地のボランティアセンターの方とのつながりができて
本当に必要としている物資を届けることができる状態なってからは
自分のやってることが間違っていないだろうと思えてきました。




そういえば、
仙台の避難所に行った時、
ふらっと来た「支援者」を名乗る50代くらいの男性が「被災者にこれをあげてください」とスイカを2玉手渡してきました。

「“被災者”って呼び方はないだろう…」とぼくはイラッとしましたが
避難所の受付の人はこういう感じの人の扱いにも慣れてる感じで
丁寧に感謝を言って丁寧に受け取っていました。

さらに色紙と自分の住所を渡してきて、「これに感謝の言葉とかを書いてもらってこの住所に送ってもらえます?」と。
全員「は?」と思ったはずですが、
それも受け取っておられました。
断るのにも知力と体力使いますからね。
※丁重にお断りすることもあるかと思いますが。
避難所生活だけでもストレスフルなのに無駄なところでパワー使わなくていいでしょう。

その避難所は200人くらいで生活されてました。
そこにスイカ2玉。
全員に配布するのはとても難しい。
では欲しい人だけにあげるとすると今避難所にいない人が後でいやな気持ちになるかもしれない。
じゃ全員がいるであろう夜にスイカ欲しい人を募るためにはそれまでスイカを冷蔵庫に冷やしておかなきゃいけないけど避難所に冷蔵庫なんかない。
生ぬるくてもタダでもらったんだからありがたく食えとでも?
そもそもスイカを切るには包丁が必要。包丁を使ったら洗わなきゃいけない。スイカを分けて食べるなら皿が必要。そんなに皿があるのか。皿を使ったら洗わなきゃいけない。
スイカ食べた後は種と皮が残る。その生ゴミどこに置いておくのか。

スイカ2玉だけでこれだけの問題が起きるということを目の当たりにしました。
さらに謎の色紙。。



親切心(のつもり)だけで動いたら結局は結構な迷惑なことをしてしまうかもしれない、ということをこれで学びましたから、だいぶ慎重にはなりましたが、
前述の通り、ボランティアセンターの方から不足している物資を教えてもらうことができていたのでその点では安心でした。


いろいろ考えていろいろ書きましたが、ザッと削除。


とにかく当時、ご協力いただいた方々には本当に感謝感謝。

あの時みなさんで購入した革手袋は仙台で使われた後もちゃんと保存されて、
その後、九州での台風被害の時に九州の方に送られてそこでも活躍したとのことです。
ありがとうございました!