2018年映画ベスト10 外国映画

#2018年映画ベスト10  外国映画

1 #ザ・スクエア思いやりの聖域
2 #心と体と
3 #タクシー運転手約束は海を越えて
4 #スリー・ビルボード
5 #ブラックパンサー
6 #いろとりどりの親子
7 #インクレディブル・ファミリー
8 #ウインド・リバー
9 #彼の見つめる先に
10 #ロープ戦場の生命線

1 #ザ・スクエア思いやりの聖域
『フレンチアルプスで起きたこと』のリューベン・オストルンド監督作。151分あるんですけど、もっとやってくれ終わらないでくれ終わるなら続編やってくれと願いながら観ました。こんな風に映画を観たことは初めて。自分の変態性を裏付けされました。。

2 #心と体と
だって減点するとこがないんだもん。会話や仕草のひとつひとつが丁寧で、意味があって見ていてほんと感心します。映像が常に素晴らしくキレイなのですが、特に鹿パート。
所々で挿入される森の二頭の鹿の映像がまぁ美しい。

四コマ映画→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1998 …




3  #タクシー運転手約束は海を越えて
『1987、ある闘いの真実』とセットで。
タクシーが地理的に移動すると窓外が徐々に不穏になり、警察が市民デモに水平射撃した光州に着く。東日本大地震を思い出しながら観ました。国内で大変なことが起きてきても地理的に離れていると普通に暮らせてしまう残酷。


4 #スリー・ビルボード
「道々考えて行きましょう」ってのはやっぱ今の全世界に対するメッセージですよ。
『フェイクニュース』で光石研も「みんな落ち着こ!息吸お!」っつってたし。

四コマ映画→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1932 …




5 #ブラックパンサー
俳優さんみんなの演技が素晴らしい。
黒人俳優っつーとすぐにチンピラや貧困層の役をやらせるけど、こういうゴージャスで複雑な役があれば魅力的に演じられる俳優さんはたくさんいる!




6 #いろとりどりの親子
「どんな親でも自分の子供に欠点や問題を抱えている。でも他の子と交換しようなんて思う親はいない。」

虐待する親もいるのでこのセリフを鵜呑みにはできないけど、
叫びや祈りのように聞こえたんです、この言葉が。
選択じゃないんだな、愛情ってのは。




7 #インクレディブル・ファミリー
実はこの映画のほんとの悪の根源は、エーエイチオーな顔してぼけ〜っと口開けて映画(やスマホ画面)を観てる観客たちですよ。それが映画の中で提示されるんですよ、明らかに。
そんな映画がこの特大ヒット。びっくり現象。。




8 #ウインド・リバー
実話を基にした映画。アメリカでは、先住民であるネイティブアメリカンを彼らにとって何の所縁もない“保留地”へと移動させた。
この映画では、実際に起きている多数のネイティブアメリカン女性行方不明事件を告発している。
そんで、ジェレミー・レナーが死ぬほどカッコイイ。。




9 #彼の見つめる先に
「視覚障害者だからゲイだから可哀想だなぁ健気だなぁって映画だと思った?」って言われた感じ。

ゲイ映画って最終的にはブルーな気持ちになるのが多いし、ハッピーなのはバカ騒ぎ系だったりするので、ピリッとビターな描写もありつつラストは…っていう映画は本当に稀有。




10 #ロープ戦場の生命線v
これは面白い!
ティム・ロビンスのボケとベニチオ・デル・トロのツッコミの漫才。
全体をユーモアで包んでいながらも描かれているひとつひとつは過酷。
登場人物それぞれが魅力的。ほつれてちぎれそうに細いロープを手に入れるまでに、それぞれ人間ドラマが繋がっていく。


次点(順不同)

#ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書(四コマ映画→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2112 … )

#レディ・バード(四コマ映画→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1987 … )


#リメンバー・ミー(フィルマガ→https://filmaga.filmarks.com/articles/2318 )

映画『カランコエの花』



 カランコエの花(2016年製作の映画) 製作国:日本 / 上映時間:39分

勝手に嫌〜な感じのサスペンス映画かと思ってましたが、本当に温かい映画でした!


四コマ映画→https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2175

39分という短編。
この話の続きを描いたり、キャラそれぞれの背景をもっと描いたりしていけば、90分くらいのは作れたと思います。

が、それをせず39分にしてこの見ごたえ十分にしてるのはほんとすごい。

観終わってから登場人物それぞれのセリフや行動を思い出して、
彼らがどんな気持ちだったのか、今どんな気持ちでいるかを考える余地があるのが意義深い。

観客が物語を家に持ち帰ることができる。なんと素晴らしいのでしょうか。


****


学生たちのなんとも自然な演技。。
即興っていうか、隠しカメラで撮ってるみたいに自然。

帰り道のモノマネのシーンなんかホントに楽しそうでほのぼのします。


黒板の落書きを見つけるシーンだけ、いきなり演劇的でしたが。。
あそこまで全員が起立しないでしょうね、実際は。
少なくとも座ってる人も多いだろうし、関係ない会話をしてる男子たちもいっぱいいるでしょう。

ま、あそこがこの映画の佳境なので印象的な演出にしたのだろうと思います。


学校でLGBT授業をする時に「クラスに1人いてもおかしくない割合です」と先生が言うこともあるでしょう。
でももしLGBTの子がそのクラスにいて、それを〝隠したがっているとしたら〟、かなり緊迫しますよね。。
「やっべ、LGBT探しが始まる!」って。

それが実践されるのがこの映画です。

***

保健の先生の薄っぺらいLGBT授業も面白かったな〜。。
あれでは何もいい方向へ行かないわな。。

あと、黒板に「LGBT」と言うアルファベット四文字を書かれるのもなかなかショッキングですね。

頭文字取って4つ並べてアルファベット読みされて、こう言う人たちがいますって。
逆に同じ人間じゃない感が強まる。。

***
この映画の凄さはやっぱ39分という時間ですね。

ラストは温かな着地をしますが、
解決していない問題がいくつか残る。

観客誰もが観終わった後、そのことについて考える。

一つの答えを出すことも出来ただろうけど
それをしないことによって、見る人が答えを出せるし、
時代の流れに負けない作品になったと思う。

で、それがけして無責任なことではないのは
作品を見ればわかる。
どれほどの覚悟でこの映画を撮ったか。演技したか。ですよ。

四コマ映画→https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2175

映画『斬、』

斬、(2018年製作の映画) 上映日:2018年11月24日 / 製作国:日本 / 上映時間:80分




「痛快さ」や「明快さ」の前では「正しさ」ってのは本当に弱いものだと感じる映画でした。。

映画の中で、池松壮亮がまずは飲みニケーションで事件を回避しようとするんだけど、
そんな主人公はヒーローになんないもんね。。
大衆が求める痛快さも明快さもないんだよなぁ。。

毎回事件が起きる前に敵と飲みニケーションで事件を回避していく主人公。。
人気でないわなぁ。。

ってことで『斬、』でも、そのあと結局は大殺戮が始まります。。
し、確かに興奮する。。


****

四コマ映画『斬、』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2177

****

セカイ系でもあるのかな。
世界では大変なことが起きてる。でも結局個人は腕の長さの半径でしか対応できない。
その範囲を超えて存在感アピールしたいとなると、〝強さ〟に頼るようになるんだろうか。

本当にタイムリーなテーマだし、あえてセリフを現代の言葉遣いにしたのもテーマと合致。



***


先日、感動ミステリー邦画を観て、
人の死があまりにも軽くて涙スイッチとしてしか扱われていなくて、本当に呆れてウンザリしていたので、、
この 『斬、』観て、恐怖に震えながらも安心しました。

こんなにもちゃんと人間の尊厳を描こうとする人がいるんだと。


***

80分という上映時間だけど、
観終わった後の疲労感は140分程度。

あと、受け取ったテーマの重さで頭の中の圧迫感も140分程度。。


***


刃が歯に当たった時の、史上最高に嫌な音とか、効果音はそれこそ効果的でした。

が、音楽は僕の好みではなかった。。

あと、手持ちカメラがものすごくブレるんですが、、
それが来るたび

「あ、カメラマンがいるんだ」
「そうだこれは撮影だ」
「森の中で大変そうだな」
「茂みに入るときは草鞋だと怪我するから靴履いてるのかな」
「昔は靴なかったから破傷風で死ぬ人も多かったんだろうな」
「破傷風って本当に怖い病気なんだから昔も草鞋じゃなくて足をきっちり覆う長靴的なもの履いた方が良かったよな」
「でも草鞋履いてたってことは昔の人は皮膚が分厚かったのかな〜」

とか映画とは全然関係ないことを考え始めちゃったりしました。

撮影隊の存在を感じさせない撮影の方が没頭できたと思います。
わざとなのかな。


***

四コマ映画『斬、』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2177

切れる!つながる!電池がなくなる…!電話に翻弄される人々にハラハラする映画4選

12月16日は電話の日です。1890年のこの日に、日本国内で初めて電話が開通(東京 - 横浜間)したことが由来となっています。1890年といえばNHK大河ドラマ『西郷どん』の西郷隆盛が亡くなってからまだ13年しか経っていない頃です。

そして、時を同じくして1890年頃、映画が誕生しました。リュミエール兄弟やルイ・ル・プランスなどが競って映写機を発明し、『ラ・シオタ駅への列車の到着』や『ラウンドヘイの庭の場面』などのフィルムを残しています。

電話は映画のストーリーテリングにおいて重要な装置です。今回は電話の特性を活かした〝電話映画〟をいくつか紹介します。

 ↓↓↓↓↓↓

電話映画4選→https://filmaga.filmarks.com/articles/2451/ 



#フォーンブース  #オンザハイウェイ  #ペンタゴンペーパーズ最高機密文書  #セルラー










『ミニオンズ』のイルミネーション初のクリスマス映画『グリンチ』(2018)

『ミニオンズ』『SING/シング』『ペット』などの大ヒットアニメを送り出しているイルミネーション・エンターテインメント初のクリスマス映画『グリンチ』が2018年12月14日(金)より全国公開。

原作は1957年の絵本「いじわるグリンチのクリスマス」で、2000年にロン・ハワード監督、ジム・キャリー主演で実写映画化もされています。
日本では馴染みの薄いキャラクターだと思いますので、今回はグリンチというキャラクターを紹介しますよ!

   ↓↓↓↓

クリスマス恐怖症にちょっと共感も!グリンチってどんな奴?原作や過去作と比較で紹介 | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/2434














クリスマス恐怖症にちょっと共感も!グリンチってどんな奴?原作や過去作と比較で紹介 | FILMAGA(フィルマガ) https://filmaga.filmarks.com/articles/2434