4月7日 チャリティーぬりえfor Kids

チャリティーぬりえfor Kidsは、
イラストレーターが無償で描いた線画を
こどもたちに色を塗ってもらって
自分の名前と被災地のこどもたちへのメッセージを書いて
被災地へ送ろう、という活動です。




詳しくは
私たちの思い参加方法をお読みください。



首都圏でもあの大きな地震とその後の報道で心が不安定になっているこどももいるようです。

ぬりえをすることでちょっと楽しい気分になって、
自分も被災地のこどもたちを励ますんだ!という気持ちを実行することで
心も落ち着いてくるんじゃないでしょうか。
(↑これは僕の検証されていないただの希望です)




****





数年前にお仕事を一緒にさせていただいた方から
お声をかけていただきまして
「これならできるかもしれない」と参加させていただくことにしました。




ぬりえと言っても何を描けばいいやらと悩みに悩みに悩みに悩みましたが、


とにかく以前のように
こどもらしく元気に笑って飛んで回ってズルしてケンカして仲直りしてほしいという願いを込めつつ、
パッと見て元気が出るようなイラストを描いたつもりです。



イラストレーターの方へ



















******





今回このイラストを描いたことで
伊集院光が言った

「〜笑いを与えるなんて思ってない、でも、しゃべらせて欲しい。くだらないことを言わせて欲しい。で、この俺のくだらない話を必要だって思ってくれる人がいると信じないと、その無力感でどうしようもなくなっちゃうんで〜」

ということばが前より理解できた気がしました。



「結局これしかできないちっぽけな自分」と向き合って
その自分を受け入れる作業なんですね。


もちろんこれを描いたことで被災者の役に立てたという充足感なんてないし、
ほかの方法での支援はねばり強くつづけていくんだけど、
ヘンな無力感や罪悪感は流れていった気がします。


おそらくまた無力感や罪悪感は降り積もってくると思いますけど
その都度それとたたかうしかないんだな〜と思いました。





******





いまの過剰な自粛ブームの根源って
罪悪感から来ているものなんだと思います。


自粛が経済を停滞させて会社を倒産させて失業者を増やしているってのはもうわかってきたことなので
やはりうま〜くこの罪悪感を流して、また溜まったら流してって
やっていくのが、いまは、いいと思っています。

5 件のコメント:

  1. まあ、1万人以上の死者っていう実感を理解しようがないからね。1万人とか2万人とか、わかんないもんな。無力感すら浮かばないくらいのことだよね。

    こういうことが起こったのだから、学ぶというのは不謹慎かもしれないけど、生き残った我々はここから学んで、毎日生活することそのものが被災者の支援と今後の予防に繋がるような社会にしていかなきゃいけないね。

    無力感と罪悪感に勝るべく、ひとりの社会人として責任感を持っていこうと思うよ。

    返信削除
  2. 僕たち一人ひとりは、消費者なわけで。

    消費することで、まずその力が活かされる。

    そして一人ひとりが、自分であることが、貢献の一歩なわけで。

    イラスト、いいなぁ。
    子供ではないけれど、塗り絵好きなのでやってみたいです。

    返信削除
  3. ●黒山羊さん
    「こういうことが起こったのに…」という怒りを覚えるような結果が出て来たりしてますが、
    ほんとにもう今回のことで学んでいかないといけませんね。




    ●さるくん
    バリバリ働いてバリバリ消費する。まずはこれですよね。
    自粛ブームが起こったのはしょうがなかったと思いますが
    早めに自粛ブームが自体が自粛してよかったと思います。

    ぬりえってなかなか難しいですよね。あんまりやったことがないんですが、
    色を塗るってのは結構時間かかるものなので
    集中できていいかもしれません。

    返信削除
  4. ダウンロードしました!子供達3人と参加するね♪

    返信削除
  5. ●もこさん
    ありがとう!ぜひお願いしますっ!

    返信削除