6月10日 仙台に行きました2

仙台に行きました3


懇意にさせてもらっている 仙台市津波災害ボランティアセンターのスタッフ大平さん(23歳)の車に乗せてもらいました。




被災家屋の事前調査と、泥かき出しボランティアが入った後の事後調査、
海岸付近の道路状態の確認に
ぼくも同行させてもらった形です。



現場を見てください。たくさんの人に知ってほしいんです。
とのことだったので、写真や動画を撮らせていただきました。


ほんとは
「観光地じゃねえんだよ」とか
「これくらいで分かった気になるなよ」っていう気持ちもあるんでしょうけど
それよりも「知って欲しい」気持ちが強いんだと思います。

それは忘れられてしまう恐怖があるからなんでしょう。



****



****












地図のAの場所が最後に出てくるガソリンスタンドの場所です。
右側が住宅街だったことが地図を見るとわかりますね。

「これでもむっちゃキレイになりましたよ。
だってあのスタンドの上の方までゴミうもってたんだもん」だそうです。






このあたりは海岸付近まで家が建ち並んでいましたが、
「すごくきれいな場所でした」という大平さんの言葉を聞いても
簡単には想像できないほどの状況です。






****





たくさんのことを見聞きして、
すべてをアカラサマに伝えるわけにはいかないくらい(とくにネットでは)に
かなりざっくばらんに内部事情まで聴かせてもらいました。

だれかにぶちまけたかったんだとおもいますよ。
そりゃそうですよね。
ほんとなら大声で怒鳴りたいところですよ。
ぼくは友人として同じように怒って、同じように問題視することしかできませんが
まずは「知る」ことが大事だと思いました。






「東京の人もみんな毎日被災地のこと考えて生活してますから」と
ぼくは言ったけど
「ほんとですか~~~(笑)」って言われてしまって
「ほんとですよ!(笑)」と言いながら
ほんとかなぁ……と思いました。



風化することを一番怖がっているようです。


ぼくらはぼくらの生活を普通に戻すことも大事なもの事実。


でも「非」被災地が普通に戻っていく様子を見ていると
被災地の人が「おれらのこと忘れて笑ってるよ」と思っちゃうのもしょうがない事実だと思います。


だからほんっっっっとに難しいんだけど
「忘れてないよ。いつも考えてるよ。必要なものあったら声かけてくださいよ。」と
言い続けていくしかないなといまは思ってます。




仙台に行きました3

4 件のコメント:

  1. 被災地に対しての疑問・質問は フクイさんに聞けば けっこうバシッと答えてくれるのでしょうか?

    返信削除
  2. ほんとはヨウヘイさんと飲みながら話したいけどね〜。

    ぼくが知ってることはごく一部分のことだけです。
    「こういうことがあるそうです。なんでかわかんないけどあれはできないみたいです。」的なことなら言えます。

    返信削除
  3. 被災地の伝道者さん、お疲れ様でした。
    状況を自分の目で確認する事大切ですね。
    被災地に行って、お金を落としてくるだけでも助かると聞きました。
    一石二鳥と思い、行きたい気持ちが強まっていますが、
    ただ、実際には子連れで行く事になるだろうし、
    子どもに見せるのはよくないだろうと考えている・・・

    返信削除
  4. ●トリーさん
    情報伝えるのはむずかしいですね。。情報の取捨選択もあるし、表現も難しいです。。

    仕事があったりお子さんのいる方はムリしなくていいと思いますよ。「現地を見なければわからない」ってこともそんなにないと思いましたし。
    現地に行かなくてもできることはあるし、実際すでにトリーさんはやってらっしゃいますから。

    返信削除